フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« トコちゃんベルト1の着用方法(八戸の妊婦さんはコレだね) | トップページ | ラジオ体操が始まったよ~(^0^) »

2013年7月18日 (木)

7月18日 骨盤ケア体操教室メニュー 「むくみ対策」

今日の「骨盤ケア体操教室」のメニューです。

30週代の方とマンツーマンでした。(^0^)
参加は2回目なので、「気になる症状」にしぼって体操を組み立てました。

今日の気になる所は「むくみ」
と、頻尿&尿量が少ない感じ

昨日、妊婦健診で、前回から2kg増。(←たぶんむくみのせい)
3週間前の初めて会った時にすでにむくんでたのですが、その時も今回も「むくみ」にチェックは入らなかったそうです。(?_?)

わかりにくいむくみもありますが、彼女は自覚症状もあり、私が見ても立派にむくんでます。
妊婦健診の担当者はなぜ気がつかないんだろう。

膝のお皿はむくみで「太った赤ちゃんのお膝」状態。
触ると「雪見だいふく」の皮がかぶってる感じ。

なので、今日は「むくみ対策のあれこれ」
「骨盤ケア」なのに?
「骨盤ケア」だから!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは「体内の水の流れ」「動脈静脈リンパについて

動脈は心臓からギュッギュッと押し出されて来る血液が流れてる。
そして下半身の動脈は「重力」も手伝って、下に流れやすくなってる。

静脈の中の血液が戻って行くには、「筋(肉)ポンプ」要するに「足の運動」によって、くみ上げられる・・・下半身は「重力に負けずに、くみ上げ続ける」必要がある事。

2013_07181

くみ上げられ損なった(心臓に帰れない)血液は?

水分を末端に置いて、大事な赤血球とか白血球とかを心臓に送り届けられる量だけ、なんとか運ばれて、残った水分は、静脈にたまって静脈を広げる(静脈瘤)か、血管から染み出して、組織間液(リンパ液)となって、リンパ管にたどり着くまで、さまよい続ける。

夜寝ると、足のむくみが少し良くなるのは「重力」から解放されて、静脈血が「戻って行った」のもあるけど、「染み出した汁(リンパ液)」は「出口(リンパ管)」に行ってくれてないので、ただむくみが背中に移動してるだけの事がある。

あまり長く「汁(むくみ)」漬けになった組織は、正常に機能しにくくなるので、こまめに「汁(むくみ)」「出口(リンパ管・リンパ節静脈)」に運びましょう。

な、感じ。で、説明。

2013_07182


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しい「染み出す汁(むくみ)」を作らないためにも、「染み出した汁(むくみ)」を早くリンパ管に入れるためにも、「足の運動」をしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サクサクと「下肢の体操」に入りたいんだけど、「上半身の循環」が悪いままでは、効果が出にくいので、背中、肩のタオル2本の「タオル体操」を。

今日はいつもの「タオル体操」プラス
背中を丸めて、タオルを大きめに動かして、「深呼吸」がホントに深くできる様に。
これで「横隔膜」の動きを良くします。

横隔膜はおっきな筋肉
これがしっかり動くと、体幹の血液の流れが良くなります。

今回はタオルの結び目の横にもう1個結び目を作って「二個玉タオル」にしました。
(画像は、後日差し込みます)

呼吸が深くなった所で
「足首・膝の裏をくねくね」を・・・
あれ? 足首、ビクともしないね。
ま、何回かやってるうちに動くようになるから、徐々に上に行こうか。

膝の裏の次は、イスと太ももの間にタオル玉を入れて、膝を開いたり閉じたり。
「二個玉」をちょっとずつお尻側にずらしてって、坐骨まで。

両足やって、また、足首→膝裏→もも裏 3回も繰り返したら、動かなかった足首が「くねくね」し始めた。

足をつくと「あ、自分の足で立ってる感じ(^^)」

他覚的には、膝の雪見だいふくの皮が取れた感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これだけでも良かったけど今日は「トコちゃんのマタニティハンドブック」についてる「ゴムを巻いて足踏み」をやるつもりだったので、それもやってみた。

自分でやっみると、いくらしっかり止めても、ズルズルと落ちてきて50回とか無理
(´;ω;`)

ゴムがいいところで止まってたためしがないので「ゴム巻いて、持ったまま歩く」にアレンジ。

2013_0718_2


「健美ベルト」でもいけるんじゃね?
と、思い立って「健美ベルトを巻いて、持ったまま歩く」をやってみた。

2013_0718_3

どっちをやっても
「歩くとドンドン足が軽くなる
「足が上がるようになってきた」
「ゴムの方が気持ちいいけど、ありものでやるんなら健美ベルトかな~」
な感想。

「健美ベルトをそこら辺に出しっ放しにして、上の子が首しめたりしないように気をつけてよ~。子どもは何するかわかんないんだから~」
と、注意する。

もう、膝のお皿の上に、むくみは触れない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トコベルト1の購入も希望していたので、「トコ1」の巻き方→お尻フリフリhttp://blog.ap.teacup.com/majyosanba/310.html→はずし方 の練習を。

で、右のお尻側がフィットしないので、そこに手のひらくらいのものをはさんでカスタマイズ

「試しにサラシでお腹も支えてみる?」
お腹は「後ろクロス」が「快」

「足がますます軽くなった(*^O^*)」
「子宮が上がると鼠径部の血管の圧迫が取れるから、静脈血が戻りやすくなって、むくみにくくもなるからね」

体はいろんなところでつながってます。

おまけ:
「台所でチンする間にできる足の体操」
転ぶと大変だからどこかにつかまってやってね (*^ー゜)
スリッパからかかとをはみ出させて
1・2 つま先立ち
3・4 もどす
5・6 かかとを下げてアキレス腱とふくらはぎをのばす
7・8 もどす
これを3回繰り返す。

これで膝から下の筋(肉)ポンプ、働きまくり。(^_-)-☆

« トコちゃんベルト1の着用方法(八戸の妊婦さんはコレだね) | トップページ | ラジオ体操が始まったよ~(^0^) »

体操」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

骨盤ケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/57818511

この記事へのトラックバック一覧です: 7月18日 骨盤ケア体操教室メニュー 「むくみ対策」:

« トコちゃんベルト1の着用方法(八戸の妊婦さんはコレだね) | トップページ | ラジオ体操が始まったよ~(^0^) »

無料ブログはココログ

マイリスト