フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 腹直筋離開してる人の分娩に | トップページ | 恥骨調整の3体操 その2 「かかと押し出し」 »

2013年9月11日 (水)

恥骨調整の3体操 その1 「膝倒し」

恥骨にズレがある人は「痛み」が無くても「恥骨がもっこり」してます。

恥骨調整の体操は3つあります。
1つやるごとに、触って確認すると、そのたびに「もっこり」が平らになってってるのがわかります。

「もっこり」がある妊婦さんは、この体操をぜひやって下さい。
ただし、痛みが出るくらいがんばらないで下さい。

一般にわかりやすいように「体操」としていますが、「操体法」なので、
「やりやすい方(動かしやすい方・イヤじゃない方)を3回、反対側をそーっと1回」
「動かす時は勢いをつけない」
「動きの後には脱力時間を必ず入れる」

が、基本です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仰向けに寝て、両足を少し開く
Photo_2

「膝倒し」と言っても、ほんの少ししか膝は曲げません
倒すのも無理しない。

↓この角度じゃないと「恥骨」に効かないので、曲げすぎないように。
  この時点で「恥骨が痛い(ノД`)」人は、別の体操から始めて下さい。
  痛くないけどこの角度が難しい人は、両足をもう少し広げて、膝を曲げないで、膝の向きを変えるだけでもOK

  ゆっくり左右に倒してみて、やりやすい方をみつけますPhoto_3

私は膝をに倒す方が「やりやすい」ので右に倒します。
倒したままの状態で8つカウントします。
Photo_4

膝を戻して、脱力して8つカウント
Photo_6
↑これを3回繰り返す

3回目の脱力が終わったら
やりにくい方(私の場合、左)に倒したまま8つカウント
Photo_5

↓同じく、脱力して8つカウント
Photo_7
これで終了

左右に膝を倒してみて、極端な左右差がなければOK
まだ、左右差が気になるようなら、また同じ事を繰り返す

3セットやっても変わらなかったら、別の体操も必要って事です

ってか、恥骨調整体操3つ全部やって下さい。

恥骨は立体的に3方向にズレてますから。

« 腹直筋離開してる人の分娩に | トップページ | 恥骨調整の3体操 その2 「かかと押し出し」 »

体操」カテゴリの記事

骨盤ケア」カテゴリの記事

コメント

固いジーパンをはいて、小学校のボランティアに行き、ヨガの手伝いをしました。
その時に、横座りで腰がねじれた状態で、すわったりして、、ちょっとキツさを感じながらがまんしていたら、翌日午後から恥骨付近が刺すような痛みで歩きづらくなりました。

 ヨガのお手伝いをしたことを思い出し、筋肉痛かと思っていたのですが、全然よくならず、さらに寝ていて朝方、うつ伏せで恥骨に激痛がはしり、あるけなくなるのでは、と心配になりました

朝4時半からネットをいろいろ検索して、恥骨の靭帯がおかしくなっていることがわかり、最後にこのブログにたどりつきました。

調整の体操、3つともやりました。

すると・・・

すぐによくなるわけではなかったのですが、その日の午前中にはなにごともなかったように、痛みがどっかに行ってしまいました。
とてもびっくりしました。
おかげで助かりました。

やはり、ずれていたんですね3方向に。
ほんとに助かりました。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/58174959

この記事へのトラックバック一覧です: 恥骨調整の3体操 その1 「膝倒し」:

« 腹直筋離開してる人の分娩に | トップページ | 恥骨調整の3体操 その2 「かかと押し出し」 »

無料ブログはココログ

マイリスト