フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 恥骨調整の3体操 その2 「かかと押し出し」 | トップページ | 腰の痛みと巻く方向の関係 »

2013年9月12日 (木)

恥骨調整の3体操 その3 「膝開閉」

恥骨の開きすぎ、閉じすぎの調整です。

骨盤の後ろ側の「仙腸関節」の「開閉の調整」にもなります。
トコカイロのMLでは側臥位技で「膝パタパタ」として投稿しています。
文章だけだと「???」ですが、画像だと「?」くらいになるでしょうか?

「膝開閉」とは書きましたが、
「閉じる様に力を入れるけど、閉じないように押し返す力で閉じない様にする」
「開く」も同じ。「一人おしくらまんじゅう」

傍目には「膝を押さえてジッとしている」様にしか見えませんが、体の中ではいろんな事が起きて調整されていきます。
調整にかかる時間は人それぞれですが、ここでは8カウントでやってます。
(時計を見て8秒でもいいし、自分の脈で8数えてもいい。別に10カウントでもOK)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これも痛いくらいにしないようにしましょう。
開きやすいか閉じやすいかまず確認を。

この体操(操体法)は、座っててもできます
Photo

↓膝の間にはさむ物は、簡単につぶれない物を。
Photo_2

↑「ボール」とあるのは直径20~30cmくらいの子ども用のフワフワボール
 ほどよくつぶせて、ほどよく反発力があるものを

私は「閉じやすい」のでこれ↓から開始
Photo_3
Photo_4
力を入れてる時間、8カウント
脱力時間、8カウント
これを3回繰り返す

最後に「開く」のを両手で邪魔する
↓ 8カウント
Photo_5
Photo_6

さて、3つの体操(操体法)をやって、恥骨の「もっこり」は平らになりましたか?

この後、「骨盤ケアの3原則」の残りの「ささえる」と「あげる」もして下さい

3つの体操(操体法)の「どれも痛くてできない(>_<)」って方は、動かし方が大きすぎか、早すぎか、脱力時間がたりないか。原因が他にもあるかもしれませんね。そうなると施術が必要になります。

« 恥骨調整の3体操 その2 「かかと押し出し」 | トップページ | 腰の痛みと巻く方向の関係 »

体操」カテゴリの記事

骨盤ケア」カテゴリの記事

コメント

恥骨調整の3体操、全てやりましたが、平らになりません
この体操をするとすぐに効果がでるものですか?
それともやっていくにつれて徐々に平らになるのですか?

>この体操をするとすぐに効果がでるものですか?
>それともやっていくにつれて徐々に平らになるのですか?

恥骨のズレ方によります

恥骨のもっこりの原因が 恥骨のズレで単純なものなら すぐ効果が出ます
が 続けないと効果は一時的
体操を持続しないと本物になりません

恥骨のもっこりの原因の恥骨のズレが長期間だったり複雑だったりすると 両足一緒の体操じゃなく 片方ずつやったり工夫が必要です

恥骨もっこりの原因が 仙骨もっこりにあったりすると この3つの体操の他に「下肢の上げ下げ」の体操もしないとなりません

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/58175473

この記事へのトラックバック一覧です: 恥骨調整の3体操 その3 「膝開閉」:

« 恥骨調整の3体操 その2 「かかと押し出し」 | トップページ | 腰の痛みと巻く方向の関係 »

無料ブログはココログ

マイリスト