フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 久慈病院にお邪魔してきました(*^ー゜) | トップページ | 安静入院中にベッド上でする体操 手をギュー »

2014年3月17日 (月)

妊娠10ヶ月なんだけど・・・ベルトいつまでもしてていいの?

私の「骨盤ケア体操教室」に来てくれてる妊婦さんや、メールでやり取りしている妊婦さんから、妊娠10ヶ月になると必ず「トコちゃんベルトは、いつまでしてて大丈夫なのか?」と質問をされます。

それに対する答えです。

いつもの様に、回りくどいですよ。( ̄ー ̄)
覚悟して呼んでね(*^ー゜)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の回りの妊婦さんは、半分くらいが「切迫早産」の診断で「安静に」の指示を受けています。
歩いてないからね。_| ̄|○
自宅安静でも症状が改善しなければ、入院になります。

そして、切迫早産での「安静」指示も36週まで持ちこたえると、「安静指示解除」になります。

「安静」の間に、うっかり体重増加しちゃってたりすると、
今までの「赤ちゃんのために安静にね。早産しちゃったら大変だからね (^^)b 」
「こんなに体重増えてたら、お産が大変になるよ。ドンドン歩いて p(`Д´)q 」
って真逆な事言われたりします。

36週なのに推定体重が3000g近かったりすると
「このままだと、大きくなりすぎるから早く産んだ方がいいね」
Σ( ̄□ ̄;)

そう言われて、
「骨盤ケア」をやめる人がいます。
トコちゃんベルトを使うのをやめる人がいます。

「なぜ? 早く産みたい=骨盤ケアをやめる(ベルトの使用をやめる) になるの? わけわからん」
って、思うんですが、

思考パターンとしては
「切迫早産だったけど、トコベルは早産を止めてくれた。じゃあ、骨盤ケア(ベルト)をやめれば、早く産まれるんじゃないか そうだそうだ。きっとそうだp(^o^)q」
となるみたいですね。

ちょっとツッコミたいですね。
「ベルトはずしてもいいけど、無駄に腰痛くなるよ、いいの?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は、妊娠中に「骨盤ケア」をしてなかった人にもベルト(使い捨て用)を巻いてもら
ってお産を取ってた助産師なので
「別に苦しくなかったらずっとしてていいよ。外す理由はないよ」って答えます。

ベルトのせいで「赤ちゃんが降りてこない」って経験がないし、むしろ「降りてこない人」にベルトを巻いてお産を進めた経験の方がいっぱいあるので。
(切迫予防のベルトが、なんでお産を進めるアイテムになるかは、めんどいから省きますよ)

もちろん、ベルトを巻かなくてもちゃんとお産になるようであれば、巻きません。

ただ「トコちゃんベルト」が羊水や血液で汚れちゃうのはイヤなので、破水したり陣痛が来て入院したら、使い捨て用の「健美ベルト」に代えた方がいいです。

お産する病院が「骨盤ケア」に積極的でない場合

「そんなのしてるから、赤ちゃんが降りてこない」とか「陣痛が来ない」
って言われますけど。それは違います。
ベルトしてる方が、骨産道を丸く保てるんです。

それでも、私がお産を取るわけじゃないので、お産する病院の指示に従うしかないですよね~。
(>_<)

ベルトをやめてみる前に、自分の体がお産できる準備ができてるか確認して下さい。

蹲踞(しゃがんだ)の姿勢から立ち上がれるようになりましたか?
膝を抱えられるようになりましたか?

これがラクラクできて、骨盤回りに筋肉がしっかりついて「ベルト卒業」できる状態なら、はずして生活してみていいですよ。
(*^ー゜)

そして お産で入院したら
「安産力を高める骨盤ケア」にあるお産編にある体操をやって下さい。
陣痛が来たからって、ジッとしててはいけません。

お産後は、赤ちゃんの泣き声に振り回されて、自分の「骨盤ケア」どころではなくなる
ので前もって「産後の骨盤ケア」の練習もやってるといいですね~
(^^)b

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベルトをはずして生活してみて「腰の痛みがぶり返した」「恥骨の痛みが出てきた」場合、すぐベルトを巻いて骨盤を整える体操をしてください。
筋肉着いてない、まだベルトの助けがいる「ユルユル骨盤」って事ですから。

しょうがないから、健診の時だけ、ベルト、外しましょうか?
巻いてるの見つけられて「まだそんなの巻いてる!!」って、怒られるのもしゃくなので。

(腰が痛くなっても治してくれなさそうな人に、言われたくないわ)
ほんで、帰りにトイレで、巻きましょう。
ベルトを外してる時間は、なるべく短い方がいいです。

「ユルユル骨盤」は広くて産みやすい骨盤ではないです。
広がる骨盤は、ゆがみやすい骨盤です。

ゆがんだ骨盤は、赤ちゃんが引っかかりやすくなります。
トイレットペーパーの芯の端っこを、内側にちょこっと折り曲げてみて下さい。
入り口が丸くないゆがんだ骨盤って、そんな感じですよ。

それから、体のどこかに冷えがある人は、予定日前に産んだ方がいいです。
胎盤に行く血液が冷え冷えなのでね。
胎盤の機能が落ちて羊水が少なくなる前にサッサと産みましょう。

ベルトをして「歩く・高ばいをする・普通のハイハイをする」のどれかを毎日してれば、筋肉も着くし陣痛も来ます。
ベルトはそれをラクラク出来る様にするアイテムです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で?

結論は?

「はずすのはいつでもできる。とりあえず巻いとけや」

« 久慈病院にお邪魔してきました(*^ー゜) | トップページ | 安静入院中にベッド上でする体操 手をギュー »

骨盤ケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/59309026

この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠10ヶ月なんだけど・・・ベルトいつまでもしてていいの?:

« 久慈病院にお邪魔してきました(*^ー゜) | トップページ | 安静入院中にベッド上でする体操 手をギュー »

無料ブログはココログ

マイリスト