フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 東京の桜は盛りを過ぎてました | トップページ | 「帝王切開後の腰痛」に自分でできること »

2014年4月11日 (金)

塩水と過剰安静とアプリ・・・経験者からの生の声が届きました

まるで、健康食品の宣伝みたいなタイトルですが、

砂糖と塩が入ったスポーツ飲料との戦い
http://mo-yu-ha-ha.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-498a.html

の記事の感想をいただきました。
本人の了解を得たので、UPします。

塩水・過剰安静・陣痛アプリを後悔しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ毎回楽しみにしてます☆

そのなかで、
『ガーーーン!そうだったのか。』
と思い、いつかお伝えしようと思ってたことがあったので、メールしました(ー ー;)

私も切迫で入院中、毎日○○○スエットを2本飲みひたすら安静にし、陣痛が来てからは陣痛アプリをしていました。

その結果、入院中は安静にしててもウテメリンの量は増えていきました。

出産の時:

陣痛はウテメリンをストップした37週0日の夜中にすぐ来ました、
朝には子宮口5センチ、5分おきとすごく順調だったのに、
その日の午後にはどんどん遠のいていきました…

そして、切迫・安静の入院中は血圧100くらいだったのに、出産当日、血圧が160まで上がり、結果、帝王切開となりました

無知の私が一番悪くて自業自得なんですが、総合病院なんだから1人くらいナースが教え
てくれてもいーじゃん、と八つ当たりしたくなりました。

今後は周りの人に私の二の舞にならないように伝えていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「誰か教えてくれれば」って言われましたが、
塩水(スポーツ飲料)に関して、問題視している医療従事者は少ないと思います。
むしろ一般的じゃないかも。

入院時の持ち物として、分娩中の水分補給にスポーツ飲料を勧めている病院もあるそうですから。

昨年まで勤めていた産院の栄養士さんが、体重管理や塩分制限の食事指導の時の「スポーツ飲料信者」との不毛なやり取りを嘆いていました。

そういうのを聞いていたので、私だけでなくスタッフ全員が「塩水悪」を認識して、面会人が持ち込むのを阻止するべく、目を光らせていました。

そんな病院、どこにもないと思います。( ̄ー ̄)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

切迫安静入院中の「過剰安静」を回避するべく、「寝返り」やらなにやら、「そんなの体操って言う?」って程度の「細々した動き」を何度もUPしている理由は、血管の弾力を維持して欲しいからです。

血管が硬くなると、ほんのちょっとの循環血液量の増加、出産時の息止め、いきみで、突然「血圧」が急上昇します。脳の血管が破れそうなくらい。

血管は少し伸ばしたり縮めたりしてると弾力を維持します。
筋肉の中には細かい血管がいっぱい。
だから筋肉を動かしましょう。

血圧対策にはストレッチもいいけど、よりゆるい「操体法」がオススメです。

« 東京の桜は盛りを過ぎてました | トップページ | 「帝王切開後の腰痛」に自分でできること »

体操」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/59447687

この記事へのトラックバック一覧です: 塩水と過剰安静とアプリ・・・経験者からの生の声が届きました:

« 東京の桜は盛りを過ぎてました | トップページ | 「帝王切開後の腰痛」に自分でできること »

無料ブログはココログ

マイリスト