フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 「教室」の後、施術(大転子入れ)しました | トップページ | 腰が上がらない→じわじわ踏み込み→頸椎調整 »

2014年12月17日 (水)

骨盤輪不安定症(≒恥骨結合離開)の対策

「骨盤輪不安定症」って聞いた事ありますか?

恥骨が痛くて歩きづらくて整形外科に行くと、レントゲン撮って、恥骨に開いて段差があると「骨盤輪不安定症」って診断名がつきます

初めは単純に「恥骨離開」(正式名称は「恥骨結合離開」)なんだけど、無理して動いてるうちに・・・左右に開くだけじゃ済まないで、段差ができてグラついて「骨盤輪不安定症」

で、動作に不都合が出ます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏の話です。

産後5ヶ月のYさんが「骨盤ケア体操教室」にいらっしゃいました
妊娠中に腰痛などのトラブルは無く、出産もスムーズだったそうです。

でも、
お産直後から、「恥骨部痛」「足が前に出せない」という「恥骨結合離開」特有の症状出ました。

「恥骨結合離開」の方は、前には歩けないけど、サイドテーブルや点滴代にすがってなら、後ろには進めるという特徴があります。(横へのカニ歩きもつらい)

彼女に、そのことを聞くと
「後ろに歩くという発想はなかったので、数cmずつ、横にすり足して移動をしていました」
と。赤ちゃん抱っこしながらの産後の生活。

自覚症状は恥骨の痛み。
でも、小股カニ歩きででも移動ができてるため、
「1ヶ月か2ヶ月すれば、良くなるだろう」
と思っていたそうです。

育児をしながら、生活をしているうちに、痛いながらも、少しずつ、前に歩ける様になりました。
今度は、両側のそけい部の痛みが出てきました。

その痛みは
「ずっと痛いわけじゃ無くて、前に歩こうと太ももをあげる時に、ズキン!と痛む」
そうです

そこまでなって、やっと整形外科に行き、レントゲンを撮って恥骨が前後・左右・上下にすごくズレてて「骨盤(輪)不安定症」って診断を受けました。

こんな感じだったのかな?↓ (よそ様から拝借しました すみません<(_ _)>)

Photo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同席した妊婦さん2人。
産後の恥骨部痛が5ヶ月も続いている話を聞いてビビってます。
((( ・_・;)))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもの「骨盤ケア・簡単フルコース」をやった後、ウエストにバスタオルを巻き、首枕も当てて、腰椎と頸椎の前弯を作って仰臥位に。(←ここ、大事です)

まず、恥骨がどういう状態なのかを検査。

Yさんの手を取って、
私「ここが恥骨。右側の骨を触りながら上に指をすべらすと、ここが恥骨の上のへり。左側も同じ様にしていくと、ここ。どっちが上がってる?」
Y「左が高い Σ( ̄□ ̄;)」
私「左足を上に組むクセがあるか、左向く横座りをしてるって事だね。じゃあね、今度は、右側から左側に触って行くと?」
Y「盛り上がってる (´・ω・`)」
私「左から右に触って行くと?」
Y「盛り上がってて、引っかかる (゜ロ゜屮)屮」
私「右側が前に出てる・・・のか、左が後ろに引っ込んでるのか、どっちだろうね?」

「膝の裏にペットボトル1個分の隙間」程度の少~しの膝曲げして「膝倒しの操体法」
これが、恥骨の前後のズレを直してくれます。

「どっちに倒したい? 倒したい方探しをして そっちにジンワリ倒す」→「休む」を3回
「倒したくない方に ジンワリ倒す」→「休む」を1回

ここで恥骨の変化を見ると「前後の段差がなくなった」

次に
「かかと押し出しの操体法」
で 上下のズレがなくなった

でも、まだ恥骨が前にとんがってる」し、「そけい部痛問題」も残ってる。
(>_<)

「恥骨のとんがり」対策には「下肢上下」

ここまでやったら、恥骨結合に広い隙間ができました。( ̄ー ̄)
5ヶ月間の歪んだコリが3種類の操体法2回ずつで、ゆるみました。

次は、ベルトで 恥骨をねじらない様に、寄せます。

「簡単フルコース」で巻いた健美ベルトの方向と一致していたので、ゆるみを取って巻き直すだけでOK。
(恥骨が開いたのに、骨盤は操体法で引き締まってました)

「そけい部痛」は、うつ伏せになり、そけい部にバスタオルを丸めて当てて、自分で「ゆらゆら」骨盤をゆすってもらって、大腿直筋・大腰筋のゆるめができて、解決。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

30分の体操で痛みが取れ、歩幅も広がり、歩行に支障がなくなりました。
もちろん、この後も「体操+ベルト」のセルフケアの継続は必要ですが、続ければ完治します。

妊娠中やお産直後からの「恥骨部痛」や「歩きにくさ」はお産が終わって、時間が経っても自然には治らないので、早く「対策」しましょう。

「前よりは痛くなくなったから、大丈夫かな? このまま良くなるかな?」

は、痛みが出ない体の動かし方(不自然)をするのに慣れた(次に別の所が痛くなる)か、
脳が「痛いのは気のせい」って事で処理し始めたか、の、どっちかです。

« 「教室」の後、施術(大転子入れ)しました | トップページ | 腰が上がらない→じわじわ踏み込み→頸椎調整 »

体操」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

産後」カテゴリの記事

骨盤ケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/60823934

この記事へのトラックバック一覧です: 骨盤輪不安定症(≒恥骨結合離開)の対策:

« 「教室」の後、施術(大転子入れ)しました | トップページ | 腰が上がらない→じわじわ踏み込み→頸椎調整 »

無料ブログはココログ

マイリスト