フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2月15日(日) 赤ちゃんまるまるケア教室報告 | トップページ | 八戸→東京→京都・京都→名古屋→帰宅 »

2015年3月 5日 (木)

3月5日(木) 骨盤ケア体操教室 内容

3月5日(木) お初の方が3名 再受講の方が2名

鼻づまりで頭がボーッとしてて、制御不能に陥り、
「もうすぐお産なのに、まだ週数早いのに腰椎がねじれてる方がいる!!
 この教室の間に何とかしてあげないと!! 私がお産取れるわけじゃないのに!!」

と 教えすぎてしまいました
<(_ _)>

後から、
あれではお初の方は、帰ってから体操できないな~
と、反省しきりでした<(_ _)><(_ _)>

何をやったかというと

お初の方にはいつも通り

骨盤ケアの三原則 あげる ささえる ととのえる
も一つおまけの「さげない」
下げないための「肋骨上げる姿勢の大切さ」「ゴムのきつさチェック とショーツ アウターを下げる」
「お腹が冷えそう」との事で今回は特別に「トコアンダー腹巻きLL」を試着
・・・いつもは?・・・「締め付けがなくなれば循環が良くなってお腹があったまるよって言って、体操に入ってたんです
だって、試着したら買わなきゃなんない気にさせちゃうでしょ?
私の教室のコンセプトは「あるものでなんとかする」「欲しがってるだけで続けられそうになかったら売らない」ですから
まあ、今回は「どうやったら、良くなるか」に終始して、販売する気持ちの余裕がなかったワケで・・・
欲しかった方、もしいたらごめんなさい<(_ _)>
在庫は売るくらいあったんですよ

腹巻きして健美ベルトの巻き方を始めたところで、再受講2人が・・・
ありゃ! 時間かけ過ぎちゃった!

「今日はポールないんですか?」
あ~ ハイハイ ポールで伸びてて~
と、2人に伸びてもらってる時間に 3人に合わせた健美ベルトの巻き方完成
後ろから前 輪が右 輪が左 前から右後ろ 
そのままでは座ると お初の方にはきつい強さなので、5人そろって体操に入ります

1.お尻ふりふり片手伸ばし(腕 前)
バンザイしてもらって、できる身体かどうか検査 う~ん 迷う
取りあえず「四つんばいでふりふり」クリア 「肘をついてふりふり」クリア もうここであやしい人いるけど・・・いつもなら「高い高い(仮)改め だっこしてゆらゆら」に行くんだけど・・・骨盤ケアアドバンスセミナー用に、大技施術なしで改善させるのに慣れてないとなぁ
「お尻ふりふり片手伸ばし」・・・あ~ やっぱ無理か~
「腕は10cm前に伸びればいいから 次はもう少し伸ばせるから 無理しないで」
と声をかけつつ腕を引っ込めてもらう
動きが悪いとこ 意識してもらう意味もあって なでて回る

2.お尻ふりふり片手伸ばし(腕 中)
今度は、片腕を中に入れて伸ばして
さっき良かった人は、これがダメか~
今度から両方やってもらおうっと
つらそうなとこ なでて回る と、「これがイタ気持ちいいと思ってました」
Σ( ̄□ ̄;) 何ですと?

3.良いイタ気持ちいい と 良くないイタ気持ちいい の違いについて
やった後、コリがほぐれてたら「良い」 ほぐれてなかったり痛みが強くなってたら「悪い」
簡単じゃん
「弱圧」に慣れてない人にやってる最中に「ここが気持ちいい で これ以上がやり過ぎなの」って言っても難しすぎるからね
(壊れそうなくらいの激しい動きはその場で止めるけども)
こう言うと、みんな身体に「どお? 良い? 悪い?」って聞き始める

4.バスタオルde操体法(体幹の動きをやんわり良くする)
「肩上げの操体法」
「肩上げ・上体ひねり・重心移動の3種混合」

せめてこれをやってから、「お尻ふりふり片手伸ばし」だったかなぁ

5.「お尻ふりふり片手伸ばし(前・中)のポーズ」で突っぱってた場所をタオル玉でほぐす
ほんとは、ほぐしてからポーズが、安全なんだけど、自分がどこが突っぱるとこかわかった方が、ほぐすべき場所がわかった様で、各々好きな様に手を動かしてる
こりゃ楽ちんだ

背中・肩・腋窩・脇
血圧に関係するC6とC7にも どうすれば的確にタオル玉が当たるか

6.首はタオル玉ミックス

7.バスタオルde上体ひねり
さっきやった「上体ひねり」は実は「肩前後押し」
バスタオルを脇のライン ウエストのラインに巻いて「上体ひねり」を行う
「腰」は「腰椎ひねり」だけどね
どこひねってもバスタオル制御してれば安心

腰椎のねじれをダイレクトに調整するならこれかな? と 思って

8.横座りの操体法
狛犬のポーズ 両膝を開いてかかとは坐骨の下 坐骨の外に出さない
両手をついて 右にお尻を落とす 左にお尻を落とす どっちがやりやすいか検査
「やりやすい方」にお尻を落として 振り返りがしやすい様に 手の位置を調整して 振り返り
これなら、体幹の動きが悪くても、簡単にできる
毎回「右がいいか 左がいいか」の検査をして やりやすい方に 3回
また検査をして「やりにくい方」に やわっと 1回

それまで「3回 1回」の意味がわかんなかった人にも
「あ~ すごい! できる様になった! ( ̄□ ̄;)!!」
意味が体感できて 腑に落ちたみたい

今までは微妙な違いを「感じる」難しい事だったけど、これは「できる」「できない」がはっきりしてるからね~

でも、これが最後に来た理由は、体幹がかなりほぐれてないと、反対の横座りが拷問の様につらいから
(私が初めて習った時 そうだった)

9.バスタオル巻き巻きして寝返りの練習
片方しか向いて寝ない妊婦さんのお腹は片方に片寄ってます
いろいろ大変な事が起きます(赤ちゃんケアで検索してね~)
って事で「寝返り」大事よ~

寝返りの仕方をデモして
「この様に はい スタート」
・・・「ちょっと ストップ!」 もう一回 寝返りを分割して説明
膝曲げて仰向け→膝がやや先行して倒れる→すぐ後を追って上になる方の腕が物を取る様に前に出る→その手を目が追っかけて 転がる方に頭が向く→頭が少し上がる→寝返り完了

横向きから仰臥位に戻る時 まず頭をゴツンと下ろすので・・・ヨガマットの上とは言え、無造作すぎでしょう
赤ちゃん下ろす時は ゴツンはダメよ
戻り方も分割してデモ
ってか さっきの逆回しだから 考えて動こう
頭は一番最後に着地だよ

これで全部かな?

「だっこしてゆらゆら」を封印すると、こんなにしないとなんないんだよね~

おまけ:
坐骨と恥骨の間の奥が痛くて靴下をはきにくい妊婦さんに「骨盤ケアアドバンスセミナー」で説明しているテクをチョロッと
うまく そのポイントに力を伝える方向に、足首のひねりと力の入れ方を自分で見つけてもらうのが大変
だって、その足の使い方をしないから痛くなったんだもん
で? 結果? 痛み取れました (^^)v

いつもと違って「繰り返し練習(説明無しでやる)」の時間を入れず、「あ~ あそこがつらそう ここがつらそう ほぐすにはこれ」とドンドンやっちゃいました

これに懲りず、今回お初の3名様は、2週間後になる次回の予約を入れてくれました
ありがとうございます<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岐阜の東山さん これは 覚え書きです
でも ほとんどセミナーでやってる事なので 取り入れやすいでしょ?
それにしても 1時間半にこれは多すぎたよね~ f^_^;)

« 2月15日(日) 赤ちゃんまるまるケア教室報告 | トップページ | 八戸→東京→京都・京都→名古屋→帰宅 »

体操」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

骨盤ケア」カテゴリの記事

骨盤ケア体操教室」カテゴリの記事

コメント

上野さんへ
さすがですね・・・ しかし1時間半は確かに長いですね。
私は、入院患者さん相手のみで、しかも夜勤ばかりなので、指導時間が極端に少ないです。ラウンドしながら指導はなかなか大変です・・・ おまけにほんとに身体が悪い人ばかりなので、3つくらい体操をすると、ボスなのか?裏ボスなのか?が出現して大変になってしまうことが増えたので、「抱っこしてゆらゆら」が大活躍です。

東山さん
教室の内容とラウンドの最中の「何とかしてあげないと!!」では かけられる時間が違います
私も5分以内で何とかするなら「抱っこしてゆらゆら」をチョイスします
でも、いきなり抱きつくのは・・・(;^_^A

タオル玉2個ロング を作って渡して「これで背中さすってて」って赤ちゃんを沐浴で借りてる間にやってもらうだけで、赤ちゃん返しに行った時には 元気になってます

ポジショニングも一気に上達します
手首だ 肘だ って言っても 背中からしなやかじゃないと 手首が直角になってて 一発で腱鞘炎ですよね

タオル玉・・・渡部先生のブログにも以前載ったし、セミナーでもやってるし、結構メジャーになってきたかと思ってましたが、全く知られてなくて「あれ?」って

「トコの世界」で広まったからって
「こんな初歩的な事も知らないの?」「知ってると思うけど~」的発言や態度をしていないか「気をつけなくちゃ」と 気を引き締める今日この頃です

東山さん

名古屋で明日 「上野のお産後ケア プチセミ」です
「抱っこしてゆらゆら」は、今回のプチセミで披露するつもりはなかったのですが、6月にも高輪開催が決まり、高輪発起人から「ぜひそれも!」と言われ、名古屋のメニューにも急遽入れる事にしました(高輪だけに教えたら、よろしくないでしょ?)

で、思ったのですが

>「抱っこしてゆらゆら」が大活躍です

どこで、どんな場面で?でしょう?

私の場合
腰椎後彎がきつくて、腰仙関節も動きが悪くて、こりゃチマチマほぐしてたら、キリ無いな~
って思った時、とか

今回の様に、脊柱のどこかにねじれがあって、巻いても体操しても効果がイマイチの時に使ってるので、「産後」だけじゃないんですよね~

たぶん、教えてほしいって言ってる人も、「産後だけじゃない」ってわかってる人なんで「なんでもいいから、良さげだから、教えて」って事だとは思うんですけど・・・
できれば、具体的な使用例があった方が、説明いやすいので

明日に間に合わなくても、6月の高輪に間に合えばいいので、よろしくお願いします

上野さんへ
こんにちは。お返事遅くなりました。プチセミナー行きたかった…。
さてさて質問にお答えします。(訪ねてくれてうれしい)
やはり腰椎の後わんがきつい人ですね。
私の担当するママ達はとても身体が悪い(悪くしている?)ので。
あとは、長期入院で作られた側わんのある方ですね。

東山さん
回答 ありがとうございます

やっぱり 私と同じでしたね

「産後」というよりは・・・ですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/61236559

この記事へのトラックバック一覧です: 3月5日(木) 骨盤ケア体操教室 内容:

« 2月15日(日) 赤ちゃんまるまるケア教室報告 | トップページ | 八戸→東京→京都・京都→名古屋→帰宅 »

無料ブログはココログ

マイリスト