フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« おっぱいケア も 始めてます | トップページ | 久々に地元助産師と骨盤ケア勉強会(^_^)ノ »

2015年5月27日 (水)

おっぱいケアを始めた理由

西村産婦人科クリニックを退職してから2年間 「骨盤ケア」はやっていたけど「おっぱいケア」をやらなかった理由は

このあたりの病院(っていうか全国)の「母乳支援」の指導が「おっぱいマッサージ不要」の方向にシフトされているから です

「ラッチオン(吸わせ方)」「ポジショニング(抱っこの仕方)」がうまくできれば母乳育児はうまくいく 体のケアは必要なし! ですって!

何十分も何回も泣かれながらラッチオンをトライして どうしようもなくてナースコール
そしたら
「もう少し ここをこう支えて がんばってみましょう (^▽^)」
「そんなの何回もやってみた! この人に相談してもムダ! (-"-#」
って思うか
「まだ がんばりが足りないのね (T^T) でももう限界 ミルクでいい (>_<。)」
って思うか

指導内容は「超精神論」ですね
どうしてこんな事になっちゃったんだろう?
指導している人は それでおっぱいが出た人か? まだ育児した事ない人か? 病院の方針(マニュアル)だからそう言ってるのか?

病院のそーゆー指導と 私の体を整えるのを含めた「おっぱいケア」・・・ママが混乱するだろう・・・と遠慮していたのです

「ラッチオン」と「ポジショニング」ができる様にサポートしてるのは同じなんだけどさ
体側からだけどね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

が、5月10日(日)の「赤ちゃんまるまるケア教室」を受けたママから
「授乳がうまくいかない おっぱいもカチカチなので 個別指導や施術を受けたい」
「後日 予約します」

と言われました
「今、1時間 時間があるなら このまますぐにでもいいよ」
緊急性を感じたので 声をかけると
「じゃあ」
と 「教室」のみんなが帰るのを待って おっぱいのマッサージ
赤ちゃんは「天使の寝床」「おひなまき」でスヤスヤ

もうすぐ2ヶ月になるというのにこんなにカチカチで乳首もツルツルってどういうこと?
むくみも年季が入ってて 乳輪がゴワゴワしてるし
乳汁を分泌させるのに一苦労
分泌したらしたで 乳房内で分離した乳汁が出続ける

1時間くらいって言ったけど 1時間半の奮闘で なんとかカチカチツルツルゴワゴワから解放・・・でもフワフワまでいかなかった
_| ̄|○

ホントは 翌日も乳房の状態を見て 授乳の様子を見て・・・って したいところなんだけど 盛岡の病院の勤務日でフォローができない

おっぱいで何かトラブルがあったら助産院に行く様に 話して 翌日 助産院にも連絡
「○○さん って方がおっぱいで行くかも~」

お産した病院には 退院後も何度も何度も「授乳のチェック」に通ってたそうな
(以前勤めていたので どんな指導をしているかは知ってます そこマッサージはしないです 乳腺炎にならないと)

何度通っても 授乳はうまくいく様にならず 気持ちは落ち込むばかり
で、私におっぱいケアを申し込んだという経緯を話してくれました

「うつ」っぽくなって 一度は母乳をあきらめそうになってたけど 「やっぱり少しでも母乳を吸わせたい」

分離した乳汁でも出続けるのを見て
「すごいすごい 私 母乳 出るんですね(@^▽^@)」
って喜ぶ様子は 不憫でした (´;ω;`)
これは出し切らなくちゃならない乳汁だから

全くおっぱいのマッサージがいらない人も10人に何人かいます
でもほとんどはマッサージが必要です
そしてそのうち何人かは 産後1週間以内に数回 2週間以内に数回のマッサージがいるんです

彼女はその「いっぱい手をかける必要がある人」でした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポジショニングに骨盤ケアは不可欠です
それと肩 肩甲骨 肘の調整(しなやかに動く)も

ラッチオンがうまくいかないのは ママの乳首の伸展の悪さだったり 赤ちゃんが口を開けなかったり 唇を巻き込んだりするのが原因です

ママにはママ用のマッサージとケア
赤ちゃんには赤ちゃん用のマッサージとケアがいります
うまくいかない原因にあわせて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この2日後
入院中だけど退院3日後の「訪問おっぱいケア」の予約をしてきた方がいました
この方も 入院中に背中と肩甲骨をほぐして 乳頭が伸びる様に手をかけてあげる必要がありました
(子宮や他の内臓の下垂も 乳首が伸展しない原因だったので 手をかけてくれても うまくいったか分からないけど)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2人とも妊娠中「骨盤ケア体操教室」に通っていた方です
それでも こんなにトラブってる

立て続けに求められたって事は
「(整体的)おっぱいケアも始めなきゃならない時がきた」
って事です

「骨盤ケア体操教室」も 妊婦さんに強く求められて始めました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おっぱいマッサージ不要論 ほ乳瓶は乳頭混乱を起こすから「悪」という指導が王道になって 何年も経ちました

その時期に助産師になった助産師は「おっぱいのマッサージの仕方」を知りません
新卒から5年以内のキャリアの助産師は おっぱいの触り方を先輩から教わってないでしょう たぶん
その人はそれでいいのかな?
5年後 10年後 マッサージできる人が引退した時
「私 おっぱいのマッサージできません」
って言うのかな?
それとも
「赤ちゃんにまかせていれば マッサージは必要ないんですよ」
って本気で言うのかな?

おばちゃんが がんばるしかないのですね
もう、近隣の病院に遠慮している場合じゃない
困っている人がいる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のおっぱいマッサージはちょっと特殊です
(他の人に言われます 自覚はないですが
 なるべく痛くない様には心がけてはいます)
でも、一子相伝にするつもりはありません
(伝えるべき娘がいますけど・・・受け継ぐのか? 娘よ)

興味がある助産師は 連絡ください
できれば 乳房うっ積 乳汁うっ滞のモデルさんも用意して

でも、ただじゃないよ
(モデルさんのマッサージ料金+指導料の負担をお願いします)

ブログにお金の事を載せるのは控えてたんだけど ただで教えてほしい って言われるのでね(若い子に)

それはないでしょ

メディカのセミナー受講は1回3万円だよ
トコ企画のセミナー受講は内容3倍濃いけど1回1万円だし お得だよ
それとも 交通費かけて東京に行って トコ企画の私のセミナー聞きます?
( ̄ー ̄)

« おっぱいケア も 始めてます | トップページ | 久々に地元助産師と骨盤ケア勉強会(^_^)ノ »

おっぱいケア」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

産後」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

赤ちゃんケア」カテゴリの記事

骨盤ケア」カテゴリの記事

コメント

先日、アドバンスセミナーに出席した者です。
早速ブログを読ませていただき、すごく勉強になりました。真剣におっぱいケア、身体のケアを勉強したいと思いました。

実は私、パニック障害があり、2人の子供を産んで、かなり改善したのですが、先日辞めた病院では、5年前からそれを理由にお産はやらせてもらえず、ひたすらおっぱいケアと、新生児ケアをやっていました。
お産やれない代わりだと、人の2倍、3倍の仕事をやらされてましたが。。。そのおかげで、おっぱいケアがすごく楽しくなり、最後の方は、ほぼ任されていて
、辞めるか、勉強のために続けるか、すごく悩みましたが、医師の無責任な発言が増えたことや、管理放棄されてる病院の勤務は怖かったので、勤務場所を移すことにしました。
上の子を産んだ時に、一ヶ月に一回ペースで乳腺炎になったおかげ?で、地元に里帰りしていた時に出会った村上房子先生に教えていただきながら、技術等、試行錯誤しているのですが、
白斑繰り返す方、何度もマッサージしてもカチカチな方、ほぐして柔らかくなってもキャップをつけなければ吸うことができないケースが年々増えている気がしていて
身体の改善も不可欠なのでは?と痛感していました。
もちろん、赤ちゃん側の問題もあるような気がしていますが。。。


セミナーが開催されたら、ぜひ参加したいです!
近かったら、ケアの必要な方と共に、指導をお願いしたいのですが、場所的に厳しそうなので。。。


まとまらない文章、長々すみません。
こんなところに、長々投稿してすみません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/61648580

この記事へのトラックバック一覧です: おっぱいケアを始めた理由:

« おっぱいケア も 始めてます | トップページ | 久々に地元助産師と骨盤ケア勉強会(^_^)ノ »

無料ブログはココログ

マイリスト