フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 「おとなまき」体験者 ぞくぞく | トップページ | ブログ更新 滞ります m(__)m »

2015年9月 6日 (日)

How to おとなまき

私の「おとなまき」のやり方です

1.おとなまきの180cmを用意
首に「体操用マイピーロ」 ウエストにロールバスタオルを巻く
たたんだ布団があったので 今回は初めからセミファーラーで寝っ転がって開始

あぐらを組んで座ってもらって 巻き始めても 寝っ転がってから 巻き始めてもいい

1


2.下半身から巻き始めるバージョン
赤ちゃんの「おひなまき」の順序でもいいのですが、私自身が上半身からやると なぜか息苦しくなるので 下から始めます

1_2
下半身を包むのには使わないのですが ↑リングを1個 通しておきます
後で これに結び目を集中させるためです

3.膝のあたりまですっぽり包んで 結ぶ
この時 リングは 全く関係ありません

3

4.後で頭を覆う分を30cmほど残して肩を包む
この時 モジモジ動いてもらって お尻~背中~肩のたるみを取る

4

5.片方をリングに通す

5

6.リングに引っかけながら とにかく「布のたるみ」を取りまくってから 結ぶ
(赤ちゃんに「おひなまき」や「スリング」を上手に密着させる時も このワザが大事)

7


7.下と上をつなげたので 余った脇がこんな感じ

6

8.また リングに引っかけながら とにかく「布のたるみ」を取りまくって
(大事なことなので 同じ写真を2回入れました ( ̄∇ ̄)b )

7


9.ピッチピチにして結ぶ

7_2


10.頭の分に残してた分
モジモジ動いてもらって「かぶりたくなった」ら 頭にかぶせていく

8


11.頭の角度 引き具合を相手に聞きながら 「ちょうどいい具合」にテンションを調整
モデルは 「後ろぴったり 上はふんわり」 を希望

201509039

結ぶ位置は あごの下 胸の位置 リングまで引く の3パターン
今回は「リングまで引く」を選択(モデルが)

12.おとなまき 完成

10

↑足先が 丸まってないのは 体がまだほぐれてないから

↓「もっと頭をささえられたい」というので クッションを背中~頭に入れた

11

・・・・・・・・・・・・・・・・・

12


↑モゾモゾしてたら 膝を引き寄せられるようになった
背中もほぐれて 丸まれるようになったので
頭~リングの部分を自分で引っ張って 丸まってきた

・・・・・・・・・・・・・・・・・

生まれました

13

寝返りして 伸びをしました \(^O^)/

142

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リングは 使ったり使わなかったり
ゆるみをとって布をたぐり寄せるには リングの滑りの良さを利用した方が やりやすいですが うっかり持ち歩くのを忘れるので なくてもできるようになりました

頭にかぶらなければ 165cmのがちょうどいいです

セルフおとなまき も この順番です

何か質問は?

« 「おとなまき」体験者 ぞくぞく | トップページ | ブログ更新 滞ります m(__)m »

おとなまき」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

産後」カテゴリの記事

骨盤ケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/62225588

この記事へのトラックバック一覧です: How to おとなまき:

« 「おとなまき」体験者 ぞくぞく | トップページ | ブログ更新 滞ります m(__)m »

無料ブログはココログ

マイリスト