フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「安産力を高める骨盤ケア」の体操は1秒1cm | トップページ | 骨盤ケア アドバンスセミナーをやってきました »

2015年10月 4日 (日)

3件とも前方前頭位からの自然分娩

産婦さんがいます

陣痛が来ています

赤ちゃんが元気かどうかを確認します

その時 赤ちゃんの心音がどこで一番きれいに「ドッコ ドッコ ドッコ ドッコ・・・」と聞こえるかさがします

やみくもにさがしても時間の無駄なので 赤ちゃんの背中がどこにいるか 触って肩甲骨のちょい下あたり(心臓の位置)をねらって ドップラーという機械で聞きます

(触り方は レオポルド触診法といいます 最近エコーが発達したので 触診をしなくなり 助産師の手が退化して 触診がへたっぴな助産師が増えました
ってか 触診を時代遅れと思ってる助産師もいます (-_-メ))

赤ちゃんは丸くなっておなかに収まってる(はず)なので 子宮の壁にくっついている背中から聞いた方がきれいに聞こえます

大人の心拍を聞く様に 体の前側で聴診をしようとすると へその緒の血流の音を拾ってしまうので「シュワ シュワ シュワ シュワ・・・」って音が聞こえます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて ある晩

1人の産婦さんにモニターをつけました
「ドッコ ドッコ ドッコ ドッコ・・・」と聞こえる場所がありません

触診で背中が前に来ていないのがわかったので
「シュワ シュワ シュワ シュワ・・・」
の音でモニターを続けました

肘をついた四つんばいになってもらって

この方の場合
赤ちゃんの頭はけっこう下がってるのに 子宮口は開いていなくて後方 薄いけど硬い
児頭の圧迫により子宮口の血流が良くなくて 熟化が進まないだろうと予想できました

なので 肘をついた四つんばいで お尻を高くして 子宮口への児頭の圧を和らげ 血流を良くし 熟化を促す事と 赤ちゃんの背中を前にするという 一石二鳥を狙いました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここから先↓は 私と仮想助産師の会話(妄想)です

「モニターずれますよね?」

「いい質問ですね ずれますよ それがなにか?」

「モニターは 赤ちゃんが元気かどうかの指標になるので ずれないようにちゃんと取れる姿勢(セミファーラー)にした方がいいと思います ガイダンスにもそうあるし」

「ずれたらつけ直したらいいだけでしょう
ずれたって事は 赤ちゃんが少しいい方向に動いたって事だもの」

「モニター 終わってからでも・・・」

せっかく早い段階で回旋異常に気がついたのに モニターを取る事を優先して 回旋異常のまま分娩を進行させる方がいいと 思っているの?
モニター中の 今やってもらわないと こんな苦しい姿勢 部屋に戻ったらしないよ?
私たちが見えるとこにいるから つらくてもやめらんなくて やるんじゃん
やらなかったら、回旋異常は直らない」

「四つんばいになったら回旋異常が直るエビデンスはありません」

「誰かのエビデンス待ちですか?
このままだったら 途中で分娩が進行しなくなって 吸引分娩あるいは帝王切開になるのは簡単に予想できるでしょう?
それに対しては 何か他に策があるの?
それとも分娩が長引いて 自分の時間内に産まれない方がいいと思ってるの?」

「・・・・・」

「私は 痛がってるのに 何時間も進まないまま 次の人に送るのは いやなの 少しでも 進行する様な対策をしたい
しなくてもいい吸引分娩や帝王切開を減らしたい
産婦さんが大変だし 一番大変なのは 産まれてくる赤ちゃん それにDrも大変だもの 
正常に経過したら Drの出番は お産の最後だけで済むでしょう?
助産師はそのためにいるんでしょう?
」 

この妄想は以前ちょろっと勤めた病院で お産を取れなかった半年間ずーーーーっと 思ってたこと
子宮口7cmのまま一勤務(8時間)で1cmも進まないなんて 地獄だよ
自分がそうなってみなって「なんとかしてくれ」って叫びたくならない?

どうせ「シュワ シュワ」いってるモニターの記録だって きれいに取れないんだもん 意味ないじゃんね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は戻ります

1回(30分)の四つんばいで かなり子宮口の熟化が進んだ
子宮口の開大は変わらないけど

ずっと四つんばいも疲れるので 他の骨盤を整える体操を1~2個説明して 付き添ってる家族には 背中のなで方と お尻の痛ツボ(お産が進む)の場所を教えて そこを押してもらうように頼んで部屋に戻ってもらった

もちろん 四つんばいをマメにするように話して

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さすがスーパームーンの翌日
次々電話が来る
入院も来る

入院してきた2人とも「シュワ シュワ」・・・マジか! (゜∀゜;ノ)ノ

自分の手でおなかを触ってもらいながら
「ここに 赤ちゃんのお尻が触れます」

「へ~ わかるんですね~ (^▽^)」

「ほんとなら そこからずーっと 赤ちゃんの背中がわかって この辺で赤ちゃんの心音を聞けるんですが 今 赤ちゃんの背中は後ろ側にいます
すごく心音が聞き取りずらいです
このままでは 痛いけど お産は進みません
せっかく痛いんなら 進んだ方がいいでしょう?
四つんばいになってると 赤ちゃんの背中がおへその方に回ってくれます
そしたら お産がすすみます」

2人ともバランスボールに抱きついたり クッションに抱きついたりしながら 四つんばい

残念ながら ただ四つんばいだけでは 赤ちゃんは回らない
お尻(体)を前・真ん中・後・真ん中・・・左・真ん中・右・真ん中・・・ゆっくりと揺すってもらう

初めは左右の揺れ方も前後の揺れ方もバランスが悪い
真ん中が真ん中じゃないし (;゜ロ゜)

バランスが良くなるように 背中 脇 お尻 膝の裏 足首 ありとあらゆるところを撫でまくる

家族にも なで方と力加減を伝授する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めの産婦さんのところに行くと 座ってる・・・ _| ̄|○イッタベナ

「子宮口の開きの割に 赤ちゃんの頭が下がりすぎてるし 体が前に倒れてるから あなたは座ってちゃダメなの
子宮の出口が硬くなるから
休み休みでいいから 四つんばいになってちょうだい
横になりたかったら 少し背中が回ってきてるから こっち側(背中側)を上にして横になってね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あっちにいって「四つんばい」
こっちにいって「四つんばい」
とにかく四つんばいをしてもらってると 一人産まれ 二人産まれ 三人目も産まれました

ちゃんとした方向に 赤ちゃんが回って みんな元気で (^O^)v
Dr呼んだのは お産の最後だけ
(一晩に3人産まれて起こされたら 休めないけどね)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

骨盤ケアと体力作りに力を入れている病院だから なんとかなったけど

・・・それでも みんな骨盤のゆがみと腰椎の後彎 ひどかったな~

« 「安産力を高める骨盤ケア」の体操は1秒1cm | トップページ | 骨盤ケア アドバンスセミナーをやってきました »

仕事」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

骨盤ケア」カテゴリの記事

骨盤ケア・プロ用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/62404580

この記事へのトラックバック一覧です: 3件とも前方前頭位からの自然分娩:

« 「安産力を高める骨盤ケア」の体操は1秒1cm | トップページ | 骨盤ケア アドバンスセミナーをやってきました »

無料ブログはココログ

マイリスト