フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 仙台の夜 | トップページ | 訪問おっぱいケア 行ってきました »

2015年11月23日 (月)

仙台 安産誘導セミナー 報告

無事に パソコンの充電ができ 前日のてんやわんやが ウソのように落ち着いて セミナーを開始・・・なわけなくて

3人組のリーダーになるメンバー(ベーシック オステ カイロ受講者)を誰にするか 同じ職場からの参加を一緒にならないように分けて・・・

あれ?
2チーム分 リーダー足りない・・・

6人は 私のそばに いてもらいましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うっかりすると くどくなっちゃう骨盤まわりの骨・靱帯・筋肉・血管の説明を 私にしてはサラッとしたあと
最近の妊婦の姿勢の特徴について その姿勢が赤ちゃんの姿勢にどんな影響を与えて 不正軸進入・回旋異常を引き起こしているのかを説明

この辺も細かく説明していると 妊娠中からのことになり「アドバンスセミナー」と同じになる(もともとは 入れてた内容だけど)ので その辺は「腰椎前彎と起立筋」「立つ時のつま先の向きと骨盤底筋」だけにしぼって 触診と実習

お産で入院してから 何気なくさせている姿勢
「それってガイドラインでも奨励されてるけど 今の産婦には回旋異常の原因になってるんじゃね?」
っていつも思っていることを説明

だいぶ薄めた座学だけど やっぱり キャパオーバー(゜ロ゜)な顔が半数
「アドバンス」と連続受講の人は なんとかついてきた

参加条件は「アドバンス」よりゆるくしてるけど 中身は「お産」に関すること これ以上薄められません

触ってないとわかんない事も多いので やってみて また聞きに来てください <(_ _)>

前回の巡業で 自分の腰部の脊柱起立筋をみんなに触らせたら ギューギュー押されて しんどくなったので 今回はそれはなし

「触る」と「押す」は違うんだよ~ (;ω;)

って事で 午後は実習

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は 私がいつもやってる流れを見せてから 実習にしてみた

いつもは 側臥位で 大転子 坐骨 仙骨・尾骨を触診してシールで印をつけて そこからコリをさがして・・・の流れ

でも 実際は

入院してくる
モニターをつける
 脚の重さと股関節の可動性の検査(1分弱)
 お尻の下に手をいれて 手探りでコリをみつけタオル玉を当てる(1分弱)
 膝をゆらしてコリをほぐす(数分)
情報収集とカルテの記入も並行して行う
 下肢上げ下げ3往復(数分)
 脚の重さと股関節の可動性の変化の確認(1分弱)
 膝もってくるくる(残りの時間 10~15分)
合間で採血等をする

30分でここまでできるよ

モニター中 そばにいてちゃんとやってるか見るけど 指導に割く時間は たいしてかからない
仕事は産婦さんのそばでやればいい

モニターのあとは
四つんばい・お尻ふりふり片手伸ばしを続けて 不正軸進入の修正と回旋異常対策

こんだけ 

あとは産婦さんが「やるかどうか」
モニターのたびにこれをくり返してると 監視している間は 動くから「動いてくれないんだよね~」は少なくなる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて 実習

ああっ!
ベテランが若い子の仙骨ギューってしそう!
間一髪で その手をつかんで
「強すぎます・・・まだ強すぎます・・・手を当てるだけでわかるはずです」
「わかりません ((((;゜Д゜)))))))」
「わかるようになります なってください 私も初めはわからなかったんです
 濃い味に慣れた舌が 薄味で素材の味がわかるように やってるうちにだんだん弱圧でわかるようになります」

私より年上の方に 失礼な言い方だったかな? と思いましたが 実習で体調不良者は最小限度にしたいので うっかり強めに出ちゃいました

若い子は若い子で 人の体を撫で慣れてない様で 強かったり弱かったり 力が一定しない
肩・肘・手首・手のひらの動きがギクシャク
今時のロボコンのロボットだって もっとなめらかな動きするぞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「優しい手」「タオル玉体操」は実習と実習の合間の課題にして 次々実習をこなしていかなくてはならない
某会社のセミナー(3~4万円)より中身が濃いから

前日の「アドバンス」のアンケートに 「もっと触って教えてもらえると思ってた」
ってあったので 今回は特別に 全員(20人以上)の脚を 撫で上げたり下げたりをしてまわった
(その人が続けて参加してるかどうかはわからないけど)

「脚が軽~い」
「重くなった~」
「なんで~? 不思議~」

とキャーキャー

さあ やってみて! 同じ事が起こります
これを外回りに教えて
逆になでられると お産が進まなくなるよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「仙骨と三陰交」は・・・
再受講の人が
「前駆陣痛や微弱陣痛で そんなに強くない陣痛で緊張してる時に やると寝るし そのあと陣痛が強くなる」
って言ってくれたので 削らず実習
あんまりに 強圧の手が多かったので 削るつもりだったけど

三陰交も仙骨も ホントに 触れるだけ
「触~れ~る~だ~け~!! 強い! 押してる! 仙骨・尾骨デリケートなところ 押してはいけません!」
また別のベテランの手をつかまえる
びびらせちゃった
すいません <(_ _)>

「優しい手(密着系)」への道は遠いぞ _| ̄|○

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

超弱圧で実習してきたのに これを教えるとまたギューギューに戻っちゃうから「う~ん」なんだけど これをしないと7cmで止まった時に どうにもできないから

テープとシールを貼って「尖棘靱帯ねらいのポチリ」の実習
「いたたた~ (;ω;)」のあと「下半身があったかくなった Σ( ̄□ ̄;)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
唐突に「おっぱいのマッサージ」

実のところ 私の得意分野は「おっぱいのマッサージ」
出すも止めるも自由自在(ただし2週間必要)

お産の直後にSTSするとこ多いし 初回の授乳で 乳頚部が切れちゃうこともあるので その意味でも お産のセミナーでやる意味はある

みんなの前で乳を出すのか?
と びびってたけど
「服の上からだよ 当たり前でしょ?」
って言ったら 今 授乳中の人が私の前にごろんごろん

「はい 背中」
「はい 首」
「はい 横隔膜」
「・・・鎖骨の下か?」

やっぱり おっぱい以外の場所の不調からの影響を受けてる
気になってる方の片パイだけのマッサージなので 片パイだけバストup
あとはセルフでね~
「え~? (T-T)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回 妊婦さんが1人参加
朝から気になってた
昼休み やっと声をかけられた
「そのズボン きつくない?」
「きつくないです」 
「ちょっとごめんね このゴムくい込んでるのがすごく気になるんだ~ 切迫になるよ」
「え?」
「ちょっと~ 上司~ おたくの妊婦 こんなズボンはいてまっせ~ 監督不行届だぞ~」
「え~! あら? (゜∀゜;ノ)ノ こんなズボン持ってたの? 初めて見る
 あ~ お腹にくい込んでますね~」

「ここまでくい込むと むしろ みごとだね・・・
 ゴム引っ張るから このまま正座と膝立ちをくり返して
 はい 膝立ち 座って 膝立ち 座って・・・」

「?」
「じゃあ ゴムを元に戻すね
 同じ様に 膝立ち 座って 膝立ち 座って・・・どお?」

「あ、きつい」
「午後は これ折り下げて実習してね 具合が悪かったらすぐ教えて」

上司が妊婦スタッフのズボンにまで口出しするのは パワハラになるのかな?
でも、たかがゴム1本2本を気をつけるだけで 切迫の病欠がなくなったら 職場は助かるんじゃない?

妊婦のユニフォームがパンツタイプになってから 初期から 切迫流産-つわり-切迫早産で 妊娠したとたんに職場から消えるスタッフばかり

妊娠したら「骨盤ケア」の義務づけて 下着のゴムのチェックして ユニフォームのズボンをトコパンにしたら みんな産休まで働けるんじゃないかなぁ

トコパン 高いけど ユニフォームのズボンも 結構な値段してるから 休まれて人のやりくりでアタフタするよりいいんじゃないかな?

働く意識高い人は 自分で買ってはいてるし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東北地区のセミナー開催 もう少ししたいですね

そのためには 会場確保に動いてくれる人がいないと・・・
世話人さん お世話になりました
これからも お世話になります <(_ _)>

« 仙台の夜 | トップページ | 訪問おっぱいケア 行ってきました »

おっぱいケア」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

骨盤ケア・プロ用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/62735291

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台 安産誘導セミナー 報告:

« 仙台の夜 | トップページ | 訪問おっぱいケア 行ってきました »

無料ブログはココログ

マイリスト