フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月20日 (日)

11月13日(日)の赤ちゃんまるまるケア教室 複式学級編

1113()の赤ちゃんまるまるケア教室は

妊婦さん1人+パパ ねんね期+パパ2組 ゴロゴロ期+パパ2組

要するに ちびちゃん4人 大人10人

 

まずは

母子手帳の「体重増加曲線」の下にある「できることの目安」の説明

そして そこに書いていない

 

3~4ヶ月で「首が据わる」

けど その前にできてなくちゃいけないこと

 

把握反射がある時期に「親の指を握らせること」それも「ちゃんと握らせること」

 

ちゃんとって?

 

親指が他の4本の指と向かい合って 大人の指を握るってこと

 

これは 生まれてすぐからずっとパパ・ママにしてて欲しかったこと

2ヶ月になると もう 把握反射は消えかかっています (>_<)

ギリギリです

 

親の指を握らせておくと 同じ太さの物を握れるので おもちゃを握らせて遊ばせることができます

 

右手に持ったおもちゃを左手に持ちかえる・・・のは 高等技術なので まだまだ先ですが この時期に 下ごしらえをしておかないとならないことです

 

物を握らせて 握っていられる子は それを「見つめる」のを始めます

物を持たなくても「手」を発見しますが 持ってた方が見つけやすいのです

 

おもちゃや「手」を 自分の目に近づけたり 遠ざけたり

「老眼のピント合わせの目の体操」

みたいな動作を繰り返して 遊びます

 

「注視」のトレーニングです

 

黙って じっと物を観察する力を養っています

この時 その動作がどんなに「かわいい!!!」って思っても「〇〇ちゃん 何見てるの?」って声をかけず 見守ってください

「集中力」も養っているのですから

 

おもちゃを持ってるのを忘れて 手を振り回して おでこや顔にぶつけたりしますが それくらいの「痛い思い」は経験させた方がいいと思います

たいして痛くない「痛い」なのですから

中学生くらいになって 力加減をできないより マシでしょう?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「手」を発見するためには 手が視界になくてはいけません

抱っこする時 おっぱいを飲ませる時 手が邪魔ですね

でも いつも赤ちゃんの体の前にいるように抱っこしてください

「邪魔だから」と親の脇の下に引っ張ると 肩関節が後ろに固まって 手が視界に入らなくなります

 

2ヶ月で もうすでに肩がかたくなって「手と手をあわせて南無南無の手」ができなくなっています

2ヶ月の積み重ねの結果です

 

数ヶ月後には つかまり立ちをし 伝い歩きをし 一人で歩き始めます

が 上手に両手をついて転べないと 顔から転びます

いつ手を前に出すことを練習すると思いますか?

 

そう 今からです

今からの積み重ねが大事です

 

4ヶ月には「のびのび期」になって丸まりにくくなります

その前に「まるまる」して「手が前」の体にしておくのが大事です

 

「まるまる」は4ヶ月で終わりじゃないです

「のびのび」がしなやかじゃなかったら「まるまる」してなでてあげる必要があります

何ヶ月になっても

 

腹ばい遊びも いっぱいさせてください

腹ばいの前に「横向き遊び」もいっぱいしてください

3ヶ月後の寝返りの準備になります

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「あー あーーー」

「うー うー」

声を出していますね

これにあわせて 声を返してください

同じ音程 同じ長さで

 

これに返してあげてないと おしゃべりをやめて「泣いて親を呼ぶ」子になるかもですよ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

てな感じで 次の段階 次の次の段階には「今これができてないと」ってことがいっぱいあります

 

発達の目安は あくまで大まかな「目安」ですが 順番はすっ飛ばさない方がいいですし 適時にその段階になってた方が いいですよ

つかまり立ち前後 もくもくと筋トレする月齢があります

転ばない様に 転んでも大丈夫な様に

 

その時に もともとの筋力が足りないと 筋トレしません

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここから

妊婦さんと ねんね期ちゃん達は 「正しいだっこ」と「優しい着地」と「おひなまき」の練習

 

「ドスン!!」と着地してて「この子 下ろすと泣くんです」はないでしょう

「起きろ!!」って言いながら 下ろしてるようなものだもの

 

赤ちゃんにしたら

「起こしたから 起きたの~!! (>o<) 寝てたのに~!! だから 泣く~~!!」

でしょう

 

そーっとの「着地」は 筋力がいります

骨盤ケアが必要です

みんな プルプルしながらやってました

妊婦さん以外は「骨盤ケア」してないママでしたからね

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ゴロゴロ期ちゃん2人は 2人で遊んでる

もっと会場のはじからはじまで ゴロゴロして欲しいけど まあ良しとしよう

 

こちらは 主にパパにレクチャー

 

育児アイテムやおもちゃには 「発達を促す良い物」と「便利そうで赤ちゃんが喜びそうだけど すごく良くない物」が混在していること

そして「赤ちゃんに良くない物」が ネットで売れ行きナンバーワン!になってることが多いこと

 

ネットで見つけた画像を見せて

コレをなんとも思わないで使ってると こんな姿勢になります

うろちょろしないで じっとさせとくのに便利 と思って使ってると 体幹を鍛える時期をのがして 変な転び方をして ひどい時には骨を折る子になりますよ

(私がそういう子どもだったので)

 

今 この子が自分の力で 体をささえて 寝返りをいっぱいして 筋トレして すごく大事な時期です

ただ左右のバランスが悪いので 同じ方にばっかり寝返りして 壁にぶつかってしまうかもしれません

でも 死にそうなことになってなかったら 「SOS」を出すまで助けないで見守る時期です

 

1週間経っても 反対のゴロゴロができなかったら 反対のゴロゴロができる様に トレーニングをする必要があります

 

おもちゃをすぐに手に持たせてはいけません

手を伸ばしたら ギリギリ届く ってところで「はい どうぞ」ってしてください

「今まで すぐ持たせてくれてたじゃないか 早くくれ~!!」って泣き叫びますが 数日の事です

 

ほんとはもっと前に そうしてなくちゃならなかったのです

 

「欲しい物は 自分で取りに行く」たくましい子に育てほしいです

 

そして 2歳前には 肩車からでんぐり返し(前回り)をさせながら着地 っていう遊びをしてあげてください

 

パパを ジャングルジムのようによじ登って 降りていくパワフルな子に育ててください

 

親のウエストに脚でしがみついて 抱きつく子に育ててください

振り回しても 飛んでいかないくらいしっかりと

 

15kgくらいかそれ以上になってます

それができるパパになってください

 

ママは 日々のことでいっぱいいっぱいです

パパも 赤ちゃんの日々の成長に気づいて喜んで欲しいのですが ママより一歩先を見通して 発達を促してください

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

途中

バスタオルでパパを一人一人 ギュッと包んで

「ギュッとぴったりと ゆるっと どっちが気持ちいい?」

を体験してもらって

全員が「ギュッとぴったりが気持ちいい!」

パパがママをバスタオルでくるんでギュッとしてあげて

「ギュッとぴったりが気持ちいい!」

を体験

 

パパの中途半端なギューで

中途半端な「おひなまき」は

「そうじゃなくて~!」って ぐずりたくなるのもわかって

「今まで ゆるすぎたのね」もわかってもらえました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この他に「縦抱きが楽って感じる困ったちゃんの肘のねじれを直す体操」もしました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

マイピーロは「腹巻き使用バージョン」

おひなまきも「足はあとから収納の簡単バージョン」

で 頭までかぶっちゃう「マトリョーシカバージョン」

 

で 時短ができたので いろんな話ができました

 

でも 複式学級は もういいや

大変だったから

2016年11月12日 (土)

明日(11/13)の赤ちゃんまるまるケア教室は・・・

明日(11/13)の赤ちゃんまるまるケア教室の準備中です

妊婦さん~4ヶ月児までを対象にしているのですが
復習したいと申込みがあり 今回特別に6ヶ月児と7ヶ月児も参加になります


・・・てか
「腹ばいをいやがる」
「寝返りをあまりしない」
「仰向けで キックで移動を始めた(背ばい)」
 
と この月齢の発達としては「いかがなものかΣ( ̄ロ ̄lll)」な事になってる様なので 来てもらうことにしました


そろそろ「高速寝返り移動」を習得してママ達がてんやわんやのはずなんですけどね
してませんね~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


妊婦さんには 生まれてからすぐにまるまる抱っこができる様に
そして「ねんねの頃の赤ちゃんって あんななんだ~」って


ねんね期の赤ちゃんのママには まるまる育児入門と
「ゴロゴロ期ってあんななんだ~」


ゴロゴロ期のママ達には
ゴロゴロしない我が子と よそんちの子の共通点と違う点を比べてもらいましょう


ゴロゴロ期の赤ちゃんには発達のためには
 
「やってあげる」より
「いかにして興味を引くか 遊びの中から次の発達につなげるか」が大事なので
遊んで欲しいおもちゃを持って行きます


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


複式学級です
 
一人で どこまでできるかな~
(;゚∇゚)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の「ゴロゴロ期ベビーの参加」は
妊娠中から継続して「骨盤ケア」して
産後も「赤ちゃんまるまるケア教室」に参加したり 「個別ケア」を受けてるママが2人だからこそ(1人だったらしないです)
 
なので「妊娠中~ねんね期の準備なし」でのゴロゴロ期の「教室」参加は お断りしています
<(_ _)>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「ゴロゴロ期」を対象にして「教室」しなくちゃ・・・とは思っていますが 各地で「まるまる教室」をやってる仲間から
「その時期の子を集めて教室は 一人じゃムリ! 赤ちゃんによって原因が違うから一人一人にすごく時間がかかる」
って言われてるので
 
しばらくは 個別対応でいきます

2016年11月11日 (金)

逆子直し体操(一部抜粋)

会場の都合やセミナー受講 イベント見学・・・いろいろ重なって 3週間「骨盤ケア体操教室」の開催ができませんでした
いつもは 参加しても1人か2人
とても体操だけでは 無理な骨盤・・・
「施術」を受けてもらってから それをキープするために「教室」にきて体操してもらった方が効率がいい
けど そうも言えないので

最近の「教室」の内容は
「とことん 骨盤ケア体操教室!!! 帰るまでにはスムーズに寝返りができる体作り!!」
になってました
体操の種類は少ない日で5~6種類 多い日は10種類 1時間半延々体操三昧
「教室に来て 体操すると あとが楽 覚えられないけど (;^_^A
 また来週体操しに来よう」



が目標(そういうレベルの体なので)
以前は 3種類にしぼって「家でできる様に」を目標にしてましたが 毎週「教室」に来てくれた人でも 「家でやってない」のが現状ってわかってから 今の方針に変更
それでも 毎週通ってくれた人はみんな「安産」で卒業
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
んな事もあって 3週間 すっとばしたワケです
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなタイミングで「逆子直しで 教室に参加したい」とメールが
_| ̄|○
 
なぜこのタイミングで・・・
(ノД`)
今は34週だけど「教室」の日には36週
その間に「逆子直しの体操」までたどり着けない体力と骨盤になってるのは 予想できる
せめて最低ラインの体力キープ&うまくいったら逆子が直るかもの体操を毎日してもらうようにメールで説明
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「教室」を前に 10日目で
「逆子 直りました~ \(^O^)/」
のメールが来ました
って事で 彼女にやってもらった「体操」をここで公開
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
>2週間後(36週)から体操を始めるのでは 体がついていかないので 2つ 体操をしてて下さい

>仰向けに寝ます
>膝を曲げて 腰を10cm持ち上げ 息を吸いながら 腕を伸ばしてバンザイをします
>腕を伸ばしたら 呼吸は普通にして
>体を左右にモゾモゾします
>10~20秒がんばったら
>静かに腰をおろします
>何回繰り返してもいいですが 5回以上やってください

>次にハイハイです
>お布団の上を前に進んだり 後ろに進んだり
>休み休みでいいので5分

>これを 朝 昼 晩やってください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

逆子対策は28週頃から取り組んでください
30週を過ぎてからだと 骨盤がゆるみすぎてて痛みがあるし 体が重くてお尻が持ち上がりません
 
私の所には 34週で紹介されて「教室」に来ますが なかなかきびしいものがあります
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
大昔からの常識「体操しなくても34週までには逆子は直る 出産までには9割は頭位」は
今は非常識です
 
直らないっすよ
 
背中丸めて姿勢悪いし スマホいじって 何時間もじーーーーーっとしてるからね
 
「逆子直し体操の効果なし」ってエビデンス出ましたがね

今だからこそ 体操で 「逆子直しに効果あり!」です
 
こんなもんで逆子が直るくらい じーーーーーーっとしてるんですよ
 
産科関係者各位
そこの現状・変化を認識してください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
(一部抜粋)なのはなんで?
出し惜しみ じゃないですよ
 
ママの体と赤ちゃんの姿勢をみてから 体操の追加しようと思ってたのでね
 
盛岡の職場では パターン化しています
「その人の体に合わせて 体操をチョイスするなんて 外来ではムリ! 決めてちょうだい」
って言われたので
 
まあ それでも「逆子率」下がってます
ってか「逆子で帝切」 最近 聞いてないな~
この体操は 安産体操 でもあります
逆子が直っても 続けてください

悪い姿勢に戻ったら 逆子になるか 回旋異常になります 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

無料ブログはココログ

マイリスト