フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 秋田からの手紙 1 | トップページ | 「骨盤ケア」をしてあげる時の「障害」となるもの »

2017年1月13日 (金)

秋田からの手紙 2

秋田からの手紙 1               

18週に1度だけの教室参加で そのあとは自力で骨盤ケアをがんばった秋田のMさん

予定日頃に「無事出産」の連絡をいただきました

 

>上野さんの著書に書かれてある「3つの安産体操」を分娩台で足を開いて座るギリギリまで必死に続けました。

>陣痛の痛みの感覚がどんどん短くなる中、「座って動かない人のお産は進まない」の一節を思いだしながら頑張りました

>そのかいもあり、1人目の出産の時は28時間かかり、最後は結局吸引分娩となった「痛くて進まないお産」の私ですが、今回はお産時間5時間で済みました。

 

>この著書に出会ってなかったら…寒い季節のお産なので臨月は運動量もほどほどに自宅でのんびり過ごしていたと思います

>今回は臨月に向けてウォーキング時間をどんどん増やし、安産のために自分ができる精一杯のことをやりつくしました

>体重もプラス6キロほどでした。

 

>達成感いっぱいの幸せに満ちたお産になりました

 

 

私の返事の一部です

 

>ご出産 おめでとうございます \(^-^)

>Mさんの「自分で安産を勝ち取るぞ」って決意と努力 素晴らしいです

 

>それから 骨盤ケアの体操は 産後もその後も使えますので 続けて下さいね

>育児で疲れがたまった時ほど ケアが必要です

 

>できれば毎日15分くらい 一人きりの時間を作ってもらって 自分の体をケアしましょう

 

>ママが元気で長持ちしないと 困るのパパですしね

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この出産報告のメールをもらった時 私はセミナーで四国にいました

 

うれしくて 一緒にいた骨盤ケア仲間に教えたら

 

「あの本の通りにやってれば 産まれるよねー」

「分娩室で活用してるよ~」

って言ってもらえました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本を持ってきて「この本の体操の仕方を教えてください」って言った妊婦さんもいたそうです

 

が その方は残念ながら帝王切開になったそうです

理由は

「聞きにきただけで 体操 やってなかったからね~(妊娠中もお産の時も)

;∀;)

 

自分の体を整えるのは 自分で「やる」そして「続ける」しかないのですが

骨盤ケアをやってる病院だったら 楽にお産させてもらえるだろう

って思ってたみたいです

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

骨盤ケア&筋トレは バーチャルではダメなんです

現実にやって続けないと

 

いつから どれくらいの頻度で?

 

せめて予定日の3ヶ月以上前から 毎日 朝昼晩・・・
 

ですが
 

15分スタスタ歩いてみて 痛みが出たら「教室」じゃなくて「個別ケア=施術」を申し込んでください

重症です

 

そして 教室参加でOKの体になったら 妊婦健診の間隔と同じ間隔で参加してください

« 秋田からの手紙 1 | トップページ | 「骨盤ケア」をしてあげる時の「障害」となるもの »

体操」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

骨盤ケア」カテゴリの記事

骨盤ケア体操教室」カテゴリの記事

コメント

上野さんお久しぶりです。
今年もよろしくお願いします。
年末から新年にかけて色々あって久々にブログを読みました。
うれしい報告ですね。

あたしも秋に同じようなうれしい報告がありました。

助産師の後輩Aさん、今は一緒には働いていません。
他県に嫁いで直ぐに会うことはできない状態で妊娠の報告。
彼女は側湾症の術後で色々合併症もありました。
妊娠前から いえ、結婚前から骨盤メンテナンスの大切さを伝授し、メンテ力upをすすめ定期的なメンテナンスを受けてもらい身体作りをしてもらっていました。

妊娠初期はベルト利用のみで過ごしていたのが、中期に入ると恥骨の痛みが・・・しかし、教えたことはやってない
痛い辛いだけのメール!
カミナリ投下しました。

上野さんの本を紹介し購入するまでの体操指示。
しかもメールで・・・
○mazonは早いので直ぐに手元へ。
何ページの体操をやってどうか?
などやりとりをして、昨年秋に無事経膣分娩ができました。
(上野さんありがと~とここで思いました。)

前の日の夜遅くまでくだらない内容のLINEをやりとりしていましたが、翌日には出産のご報告でした。

現在は、この助産師の同期助産師Bが切迫で入院中。

この助産師には退職時に上野さんの本をプレゼントしていました。
この助産師大転子が両方子供の頃から飛び出してます・・・
もちろんメンテ力upも行かせました。
本が手元にあるのとないのでは指導のしやすさが全く違いますね。

新年早々にばたつき、仕事を2週間休んでいた中の入院だったので、Bにもメールで症状を聞いて体操指導。

入院時子宮頚管10mm以下だったのが、昨日は25mmでした。

だからここで一言。
上野さんありがとう~。

今年もどうか色々お願いしますね。

東山さん
いつもセミナー参加 ありがとうございます
m(__)m

そして活用の報告 ありがとうございます

名古屋サロンでのセミナーは 地元の以外の参加者ばかりになっています

名古屋は交通の便がいいのですが 岐阜から参加する方も割と多く いっそのこと「6月に岐阜で開催を!」ともくろみましたが 頓挫しました
(結局 名古屋サロン開催です 6月7・8日)

やはり地元の方の協力がないと・・・ってことで トコ企画だけでは難しいようです
(´;ω;`)

西日本巡業のお達しがきたら また「岐阜開催」をもくろみますので ご協力をよろしくお願いします


上野

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/64755784

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田からの手紙 2:

« 秋田からの手紙 1 | トップページ | 「骨盤ケア」をしてあげる時の「障害」となるもの »

無料ブログはココログ

マイリスト