フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

妊娠中 同じ方ばかり下にして寝てると 赤ちゃんの頭と顔がゆがみますよ

この動画を信じて 同じ方ばかり向いて寝るのは すぐ 止めた方がいい!

寝返りして右も左もどっちも向ける体がいいに決まってる
寝てる間 何時間も同じ方を向いてたら 床ずれできるわ!

どこからの情報か
「妊婦には 左向きで寝るのがいいんだって」
を信じ
左向きで寝るのが楽(強い向きぐせ)を肯定されたので
妊娠中 右向きに横になることなく過ごした方のお産に 続けてあたりました

子宮は左側に傾いており 赤ちゃんの背中も左側にありました
左の腸骨は自重でゆがんでおり 上になってる右足の重みで右の大転子は 外に飛び出していました

お産を進めるためには 右向きでも寝てもらわないとなりません

「右を向くと お腹が張るんです」
左の皮がのびたことないからね
「右の股関節が痛いんです」
飛び出してる大転子が圧迫されるからね
「左向いてお産したいんですけど」
それは無理です
赤ちゃんの背中が前の方に回るようにするには 右向きで寝るしかないのでね

どうしても 右を向きたくないなら向かなくてもいいですよ
四つんばいの姿勢で過ごしましょう
赤ちゃんが回ってくれますよ
(同じ方ばかり向いてた方は四つんばいする体力もないですが
 そこはどちらか選んでがんばってもらいます)
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

なんとかお産が終わり
産まれた赤ちゃんは すでに頭と顔がゆがんでる
そうなると口の中もゆがんでる
あ~ この子はおっぱいを飲むのに苦労するんだな~
って悲しくなる

ちゃんと 寝返りして 右でも左でも寝ててくれてたら
ママの体は こんなにひどい状態になってなかったし お産もこんなに苦労しなかったし
赤ちゃんの顔や頭がすでにゆがんでるってことにはならなかったから 授乳の苦労も人一倍することにならなかった

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで読んで
「じゃあ 右向きで寝る方がいいんですね」
って受けとる読解力のない人もいるんだろうなー

両方向けるようにして!
って言ってんの!

「寝返り」大事!

2017年6月20日 (火)

「安産力を高める骨盤ケア」12版増刷になりました

「安産力を高める骨盤ケア」(通称安産本) 12版になりました
Dsc_0370
 
トコ企画「安産誘導セミナー」母乳育児支援セミナー わざ秘伝」で使っているのも関係していると思いますが・・・
何ヶ月かに1回
10~15人のセミナーで買われる程度では 重版にならないと思うので 違うのか?
 
ある病院では この本を 妊婦さん全員にプレゼントしてくださっていたり 購入・体操実践を義務づけて「安産」を目指すために活用してくださったり そんなこんなで重版されて 12版です
ありがとうございます
<(_ _)>
 
買って体操している妊婦さん
「レビューが良くて買ったけど 私には効果が無さそう」
って思ってませんか?
 
ショーツのゴム スパッツやストッキング スカートのゴム ユニクロのリラコのゴムも子宮にかかってたら 子宮も内臓も上がりませんよ
 
子宮にはかかってないです
ちゃんと上にあります (^^)v
って教室の参加者に言われたことありますが それも良くないんですよ
 
一回そのゴムを全部前に引っ張って 子宮に引っかからない様にして 体操してみてください
 
♪なんと言うことでしょう・・・
子宮が上がって 骨盤が小さくなり 骨盤ベルトが落ちてしまうほど・・・
以前のガタピシ言っていた大きな骨盤は こんなに小さくなりました♪
(心の中で before afterの音楽を流してください)
 
って~くらい 効果が出ますから

2017年6月17日 (土)

お産に立ち会う夫達へ 「頭ぽんぽん」すな!

「壁ドン」の次が「頭ぽんぽん」ですか?
 
お産に立ち会うパートナー(夫だったり 籍を入れる気があるのかないのか分からん相手)の多くが 最近 これを良くします
 
私はこれが大っ嫌い
 
なぜ?
だってお産の時「頭ぽんぽん」で楽になること ひとっつもないんだよ
ひとっつもないんだよ!
(大事な事なので2度言いました)
 
お産の時 楽になるのは
「腰や背中を気持ちよい強さ スピード 方向で優しくさすってもらうこと」
であったり
「呼吸に合わせて 背中を上の方に少しだけ ゆっくりとさすってもらうこと」
であったり
「陣痛のない時間は 体を休められる様に よけいなチャチャを入れず黙っていること」
だったり
「お産でがんばってがんばってがんばって ほてった顔やのぼせた頭を水で濡らしたタオルで冷やしてあげること」
だったり
「陣痛の痛さに爪を立てる妻の力の強さに驚きつつも 爪が刺さる痛さを我慢してくれること」だったり
助産師(私)がこのままではお産が進まないね~ 進む様に〇〇をしましょう」と言ったことに全く乗り気じゃない(やらない)妻に 「ほら がんばろう 一緒にいるから」と導き 「あんたは痛くないからそんなに簡単に言うけどね!陣痛が来てつらい時に言われた通りできるなら苦労しないわ!」的な鬼の形相に心折れず静かにサポートし続けること
 
それもまるまる一晩とか 赤ちゃんが産まれるまで
ってことさーね
 
ドラマみたいに 入院したら次のカットで お産終わって 赤ちゃんを抱っこしてるとかないからっ
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
陣痛がまだまだまだ序の口の時に
「いた~い♡」
「がんばれ~♡ (頭ぽんぽん)」
とかやってるのを見た瞬間に
「あ 旦那さん! 奥さんの頭 叩かないで!」
って言います
やめてもらいます
(お互いに「叩いている」「叩かれている」認識がないので ポカーンとされますが)
 
そして
「ここがお産を進めるツボなんで 痛がりますがお尻のここ 軽く押しててくださいね♡」
「背中とか腰とかなでる時は これくらいの力でこんな風に よろしくね♡
 ママも気持ちいいよね~(⌒▽⌒)」
34年のキャリアをフルに使って 有無を言わせずやってもらいます
 
「なんで俺が? (?_?)」
の顔をするけど お産に立ち会うって事は そーゆーこと
長いお産につきそうってこと
 
助産師もさするけど 他の産婦さんや産後の人のケアもある
助産師がつきっきりになれるのは お産がずいぶん進んでから 
だから 一番身近な人がずーっとさすってあげるのが一番いい!
 
感動の瞬間をビデオやカメラにおさめるだけのつもりで妻のそばにいる男は お産の現場には邪魔なだけ
(この助産師の気持ちには個人差があります ( ̄ー ̄))
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
さて「頭ぽんぽん」に話を戻しますが
なぜ 私がこの行為を大っ嫌いなのか
 
人様の夫婦間の愛情表現なんだからほっとけや!
でしょうけど ほっとけない
 
なぜなら まず「ぽんぽん」が強すぎる
 
その力強さで「愛情表現」のつもりで 生まれたての赤ちゃんの頭や背中にも「ぽんぽん」する現場を何度も目撃しています
 
お相撲さんやプロレスラーに 顔を張り手されたり 背中をバンバンされてるタレントみたいに「ぽんぽん」にビクビク反応するかわいそうな赤ちゃんを見ています
 
愛情表現なら 頭の地肌に手の圧がかかる様な力加減でなく 髪の毛に触れる程度にフワっと「頭なでなで」でしょう?
 
赤ちゃん用の「なでなで」の力加減の練習をしてもらう意味もあって奥さんの体を「なでる」をお願いしてます
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「ぽんぽん」が大っ嫌いな 一番の理由は
長いお産に付き添った「ぽんぽん夫」は お産のクライマックスに興奮して 力一杯奥さんの頭を叩きます
何度も何度も何度も「がんばれ がんばれ がんばれ」って叩きます
私たちの声かけの「はー はー はー はー」に合わせて
(分かる人には分かる 最後の最後のシーンですね)
 
もう一度 私に言われます
「奥さんの頭を叩かないで! その強さ もうDVだよ!」
(叩かれてる本人も 興奮してるからか 叩かれてるのに気づいていない)
 
それでもやめないくらい無我夢中になって「バンバン」を続けるDV夫は あったまにきた私に手首をつかまれます
お産用の消毒済みの手袋をはめた手(お産の血液付き)で
 
外回りのスタッフはニヤニヤしながらついた血液を拭き取ってあげ 立ち会ってるDrはビックリ仰天です
 
今にも赤ちゃんが出そうな状況なのに 手袋を取り替えなくちゃならなくなって 大迷惑!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
力加減が強すぎるのは 何もパパに限ったことじゃない
お産したママも 生まれたてほやほやの我が子を抱きながら「トントン」する
その「トントン」の強いこと 強いこと 強いこと
「バシバシ」叩いてる!
赤ちゃんは 泣く 反る 体をねじる 変に泣きすぎて息ができず 色が悪くなる
 
赤ちゃんが生まれてすぐの私の一言は
「お疲れ様 よく頑張ったね」
のあと
「トントンしない! 赤ちゃんは優しくなでて! やわやわなでて育ててね♡」
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
なでる力加減は・・・そろそろ桃のシーズンだから・・・
桃の毛を手のひら全体でふわふわ触る程度のなで方です
桃に指のあとを 決してつけてはいけません

2017年6月14日 (水)

おとなまき体験会+おひなまき実践講座 開催しました

盛岡で おとなまき体験会を開催しました
 
対象は顔見知りの助産師
 
「おとなまき」ってなんじゃらほい?
 
赤ちゃんを包む「おひなまき」の布のでかいので「おとな」を包むので「おとなまき」
なんでかわかんないけど 体が楽になる あたたまる リラックスできる
って事でオススメなんだけど・・・
 
「おとなまき 画像」で検索すると 白い布に包まれて丸まった集団のあやしい光景が多数出てくるので ドン引かれてる
_| ̄|○
 
そのあやしい光景に マスコミが飛びついてるのだけど そのテレビの放映がこちらでは映らないので あまり知られていない
 
そして 私が「おとなまき」の布を売るくらい持ってるのも あまり知られていない
って事で 企画
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
参加者は6名
盛岡 宮城 秋田から
 
出かける途中 思い立って カラーの不織布を購入
Kimg0746
 
↓「おとなまき」に「カラーセラピー」を合体
(おとなまきをやってるとこでは 普通のこと)
Kimg0747
 
顔まで包まれたい人には 顔の上に布を重ねるんだけど
「顔を覆いたくない」とのことだったので
体に乗せてみました
 
持ってった色を全部試して「これ!」ってのを乗せてます
 
「色で感じが変わるとは思わなかった」
「イヤなのはすぐ分かった いいかな~ って 思うのは迷った」
「迷わなかった」
いろんな感想
 
包まれ方もいろいろ
画像検索で出てくる 丸まってるの ばっかりじゃない
 
顔まで覆いたい人
頭は覆いたいけど 顔はイヤな人
首までがいい人
まるまるのがいい人
まるまらないのがいい人↓
Kimg0749
↑顔と足先まで包むと「ミイラ」なんだけど

足先出したい 顔出したい 腕も出したい
だったので「マーメイド」?
  
左上のブルーの人は 顔まで包まれてます
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加者の反応は良かったのだけど せっかく遠くから来た人もいるのに おとなまき体験だけではね~
 
ってーのと もっと参加者があると思って会場を押さえたのに 参加者少なくてすぐ終わってしまって 時間が余ったので
1ヶ月半の赤ちゃんに来てもらって おひなまきの実際をみてもらう事にした
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
おひなまきする前に 首や背中を軽くなでなで施術したあと
 
あれ?
おひなまきしたら赤ちゃん爆睡
すること無くなっちゃった
「寝過ぎることもあるから 時間でほどくこと」
いちおう注意しておく
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
また時間が余っちゃった
 
授乳の指導をする人が覚えておくと便利な
肘のねじれの直し方 体操編 なでなで施術編
手首の調製 これはにゅるにゅる施術
を伝授
 
おまけの方が充実してるぞ

2017年6月 1日 (木)

うっかり職場でおせっかいおばさん

忙しかった夜勤明け
仕事の最後に外来の妊婦さんを病棟にお迎えに・・・
 
1週間健診 1ヶ月健診の赤ちゃんがチラホラ来てる
バスタオルやおくるみに包まれ のけ反らされたり ねじれた抱っこされてる姿が痛々しい
 
あ~ あの抱っこ 赤ちゃんがつらそうだな~(´;ω;`)
今は おばーちゃんの抱っこでも あーなるんだ~ 残念だな~
とか目が行っちゃう
 
・・・その目が釘付けになる光景が・・・
(°□°;)ノノ
  
そのママは 他のママと違って おばーちゃんの付き添いがいない様子
縦抱き抱っこベルトで赤ちゃんを抱いて立ってる
(手も添えていないので 抱っこベルトに突っ込んでるって感じ)
  
そこからまっすぐぶら下がってる赤ちゃんの素足は すごく細く まだ3kg超えてない感じ
その足は網目状にチアノーゼ
_| ̄|○
 
見かねて 通りすがりに 赤ちゃんの両足に手が伸び
「赤ちゃんの足は ぶら下がらない様に 膝が曲がる様に 手で支えて抱っこしてあげましょうね
 (⌒▽⌒;)」
「あ そうなんですか (゚0゚)
のやりとり
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
ユニフォーム着てたから ギリ セーフ
  
骨盤ケア仲間は スーパーで
「通りすがりの助産師です あやしいものではありません」
って言って  赤ちゃんの抱っこやトコちゃんベルトを直したことあるって言ってたから
   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
まだ1ヶ月経ってない子に足ブラブラさせた抱っこは やめとこうか
縦だろうが横だろうが
 
こういうことは 基本中の基本
昔は言われなくても 小さい頃 親や叔母達がやってるのを見て おままごとして 身につけてた
 
今は おせっかいおばさんが 言わないと「知らない」まま
それも 言われた方は 少しムッとする
今回は大丈夫だったけど
 
こんな扱いを受けて育つと ママに愛情があっても 伝わらないだろうな~
「こんなにやってあげてるのになんで!」
って場面が容易に想像できる
 
優しさが相手に伝わる方法を知らない
ちょっとした気遣いを無意識に
そこをやってあげれる力量が 子どもに評価される

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

無料ブログはココログ

マイリスト