フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« おとなまき体験会+おひなまき実践講座 開催しました | トップページ | 「安産力を高める骨盤ケア」12版増刷になりました »

2017年6月17日 (土)

お産に立ち会う夫達へ 「頭ぽんぽん」すな!

「壁ドン」の次が「頭ぽんぽん」ですか?
 
お産に立ち会うパートナー(夫だったり 籍を入れる気があるのかないのか分からん相手)の多くが 最近 これを良くします
 
私はこれが大っ嫌い
 
なぜ?
だってお産の時「頭ぽんぽん」で楽になること ひとっつもないんだよ
ひとっつもないんだよ!
(大事な事なので2度言いました)
 
お産の時 楽になるのは
「腰や背中を気持ちよい強さ スピード 方向で優しくさすってもらうこと」
であったり
「呼吸に合わせて 背中を上の方に少しだけ ゆっくりとさすってもらうこと」
であったり
「陣痛のない時間は 体を休められる様に よけいなチャチャを入れず黙っていること」
だったり
「お産でがんばってがんばってがんばって ほてった顔やのぼせた頭を水で濡らしたタオルで冷やしてあげること」
だったり
「陣痛の痛さに爪を立てる妻の力の強さに驚きつつも 爪が刺さる痛さを我慢してくれること」だったり
助産師(私)がこのままではお産が進まないね~ 進む様に〇〇をしましょう」と言ったことに全く乗り気じゃない(やらない)妻に 「ほら がんばろう 一緒にいるから」と導き 「あんたは痛くないからそんなに簡単に言うけどね!陣痛が来てつらい時に言われた通りできるなら苦労しないわ!」的な鬼の形相に心折れず静かにサポートし続けること
 
それもまるまる一晩とか 赤ちゃんが産まれるまで
ってことさーね
 
ドラマみたいに 入院したら次のカットで お産終わって 赤ちゃんを抱っこしてるとかないからっ
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
陣痛がまだまだまだ序の口の時に
「いた~い♡」
「がんばれ~♡ (頭ぽんぽん)」
とかやってるのを見た瞬間に
「あ 旦那さん! 奥さんの頭 叩かないで!」
って言います
やめてもらいます
(お互いに「叩いている」「叩かれている」認識がないので ポカーンとされますが)
 
そして
「ここがお産を進めるツボなんで 痛がりますがお尻のここ 軽く押しててくださいね♡」
「背中とか腰とかなでる時は これくらいの力でこんな風に よろしくね♡
 ママも気持ちいいよね~(⌒▽⌒)」
34年のキャリアをフルに使って 有無を言わせずやってもらいます
 
「なんで俺が? (?_?)」
の顔をするけど お産に立ち会うって事は そーゆーこと
長いお産につきそうってこと
 
助産師もさするけど 他の産婦さんや産後の人のケアもある
助産師がつきっきりになれるのは お産がずいぶん進んでから 
だから 一番身近な人がずーっとさすってあげるのが一番いい!
 
感動の瞬間をビデオやカメラにおさめるだけのつもりで妻のそばにいる男は お産の現場には邪魔なだけ
(この助産師の気持ちには個人差があります ( ̄ー ̄))
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
さて「頭ぽんぽん」に話を戻しますが
なぜ 私がこの行為を大っ嫌いなのか
 
人様の夫婦間の愛情表現なんだからほっとけや!
でしょうけど ほっとけない
 
なぜなら まず「ぽんぽん」が強すぎる
 
その力強さで「愛情表現」のつもりで 生まれたての赤ちゃんの頭や背中にも「ぽんぽん」する現場を何度も目撃しています
 
お相撲さんやプロレスラーに 顔を張り手されたり 背中をバンバンされてるタレントみたいに「ぽんぽん」にビクビク反応するかわいそうな赤ちゃんを見ています
 
愛情表現なら 頭の地肌に手の圧がかかる様な力加減でなく 髪の毛に触れる程度にフワっと「頭なでなで」でしょう?
 
赤ちゃん用の「なでなで」の力加減の練習をしてもらう意味もあって奥さんの体を「なでる」をお願いしてます
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「ぽんぽん」が大っ嫌いな 一番の理由は
長いお産に付き添った「ぽんぽん夫」は お産のクライマックスに興奮して 力一杯奥さんの頭を叩きます
何度も何度も何度も「がんばれ がんばれ がんばれ」って叩きます
私たちの声かけの「はー はー はー はー」に合わせて
(分かる人には分かる 最後の最後のシーンですね)
 
もう一度 私に言われます
「奥さんの頭を叩かないで! その強さ もうDVだよ!」
(叩かれてる本人も 興奮してるからか 叩かれてるのに気づいていない)
 
それでもやめないくらい無我夢中になって「バンバン」を続けるDV夫は あったまにきた私に手首をつかまれます
お産用の消毒済みの手袋をはめた手(お産の血液付き)で
 
外回りのスタッフはニヤニヤしながらついた血液を拭き取ってあげ 立ち会ってるDrはビックリ仰天です
 
今にも赤ちゃんが出そうな状況なのに 手袋を取り替えなくちゃならなくなって 大迷惑!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
力加減が強すぎるのは 何もパパに限ったことじゃない
お産したママも 生まれたてほやほやの我が子を抱きながら「トントン」する
その「トントン」の強いこと 強いこと 強いこと
「バシバシ」叩いてる!
赤ちゃんは 泣く 反る 体をねじる 変に泣きすぎて息ができず 色が悪くなる
 
赤ちゃんが生まれてすぐの私の一言は
「お疲れ様 よく頑張ったね」
のあと
「トントンしない! 赤ちゃんは優しくなでて! やわやわなでて育ててね♡」
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
なでる力加減は・・・そろそろ桃のシーズンだから・・・
桃の毛を手のひら全体でふわふわ触る程度のなで方です
桃に指のあとを 決してつけてはいけません

« おとなまき体験会+おひなまき実践講座 開催しました | トップページ | 「安産力を高める骨盤ケア」12版増刷になりました »

出産」カテゴリの記事

産後」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

赤ちゃんケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/65422672

この記事へのトラックバック一覧です: お産に立ち会う夫達へ 「頭ぽんぽん」すな!:

« おとなまき体験会+おひなまき実践講座 開催しました | トップページ | 「安産力を高める骨盤ケア」12版増刷になりました »

無料ブログはココログ

マイリスト