フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月18日 (金)

骨盤ケアは上半身ほぐしから

最近の骨盤ケア体操教室のメニューは

骨盤今昔物語から始まります
 
10
年前 20年前の妊婦さんは36週頃から 腰が痛くなる人がいましたとさっ
(学生時代にスポーツで腰をためた人以外は)

なので 腰が痛くても1ヶ月我慢すれば良く ほんとに「産めば治る」だった

 

今は もっと早くから腰痛が出るくらいやわやわな骨盤になってるから「産んでも治らない」からね~
 

骨盤ケアがんばろうね~

(⌒▽⌒)

 

次に骨盤ケアの三原則「あげる ささえる ととのえる」の説明
 

あげて ととのえて ささえる が正しい順番っぽいけど 教室に来てくれた時点で「腰痛」があるので

すでにゆるゆる骨盤ってことだから

ささえて あげる+ととのえるの体操 でケアしていきますよ~

 

まずは お腹にゴムがかかってないか 乗ってないかの確認

ゴムを全部下に下げたら beforeのお腹の形の撮影

 

ささえる は 骨盤に健美ベルトを巻いて

・・・巻く位置は もっと下 もっと下・・・そこじゃ下がってる子宮にかかるからっ

・・・え? 肩がかたくて腕が下に伸びないから下に巻けないの?

(;´Д`)

 

前から後ろ 後ろで健美ベルトを交差して

・・・しわにならないようにね~

・・・って 肩甲骨がかたくて腕が後ろに回らないから 交差できないのね~

_||○

 

この時点で タオル玉体操の出番

なのですが なんとかがんばってタオル玉しないで 正しい位置 ちょうどいい強さに「ささえる」練習1回目

 

これの「やりにくさ」が 体操前の体のbeforeになる

 

肘をついた四つんばいになって まずは お尻側のベルトの高さを決める

上過ぎず 下過ぎずズレていかない位置

この姿勢でズレない位置にしとかないと 立ったり座ったりするたびにベルトがずり上がったり ずり下がったりの原因になる

 

そして

体幹のバランス調整

前 真ん中 後ろ を3往復

右 真ん中 左 を 左右の調整をしながら3往復

 

そのあと お尻ふりふり片手伸ばし を1往復

 

これは 腕を伸ばした時 どこがつらいかの認識のため

そこを タオル玉で つらかったところをほぐして いよいよ体操の本番!

 

っつっても ゆる~り ゆる~り 体を左右に小さくゆらしながらの体操なので そんなに気合いを入れる必要はないけど

 

お尻ふりふり片手伸ばし

1往復目は脇の下を伸ばしましょう

2往復目は肋骨が伸びる様に ゆれましょう

3往復目はウエストが伸びる様に ゆれてください

 

途中で 伸ばしにくいところがあったり つらいところがあったら 中断してタオル玉体操

 

3往復のお尻ふりふり片手伸ばしが終わって 体を起こすと 骨盤が引き締まってて 健美ベルトがブカブカ

 

では 巻き直しをしましょう 「ささえる」練習2回目

 

2回目で手順がわかったから だけじゃなく

タオル玉体操の効果で腕が前にも後ろにも楽に届き 時間も短縮
 
ここでafter途中の写真撮影
 

 

健美ベルトの交差する位置が 体操前と体操後で 変わることが多い

始め 横だったのが 後ろに移動したり

後ろだったのが前に移動したり いろいろ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

ここが 1回目の教室ではトコちゃんベルトを売らない理由
  

1回の体操でそんなに変わるんだから せめて1週間は 体操を続けてもらわないと 自分の体に合わないベルトを選んでしまうことになるから


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

ガーゼハンカチで軸のブレを修正して 骨盤ケアの一連の流れは終了
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 

では もう1回 今度は全部一人でやってみましょう~

(^^)

 

「ささえる」練習3回目
 ここでafter最終体型の撮影
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おうちでやる時は

腕が楽に動くかどうかの検査をして
タオル玉でほぐして
ベルト巻いて
体操して
ハンカチ入れて

終わり

 

そして 腕が楽に動くかどうかの検査

腕組みして ゆっくり上に上げて 頭の上まで上がるかどうか

腕組みの組み方をかえて 同じ動作の確認

これでOKです

 

って事で 骨盤ケアは「上半身ほぐし」から始めないとってお話

2017年8月17日 (木)

さんじゅうごみり♡

ブルゾンちえみの「さんじゅうごおく」をパクりました
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前回の妊娠で22週から入院生活だったので

「子どももいるし 入院は避けたい」

切迫早産対策で 妊娠5週から1時間かけて毎月1回施術に通ってる方から

「今回の健診で 頸管長が35mmに伸びてました

って報告を受けて の記事です

 

10週頃25mmまで短くなって入院したものの 入院中に

 

>入院中に体力と子宮を落とさないのが一番です

>トイレ歩行可になったらトイレのたびに子宮が下がりますので

>骨盤高位の体操をトイレから帰るたびにそーっとやってください

 

と送ったメールの内容をまじめに取り組んで 無事退院

 

退院後も そのまま続けてくれた成果が 32週で「さんじゅうごみり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最低でもこの「トイレのたびの骨盤高位の体操」をしてもらわなくては 月イチだけの施術で「切迫早産・入院回避」はムリです

 

ってか 実は これさえやってくれてれば 施術 いらないんです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

でも 彼女は月イチの施術は必要でした 
 

なぜなら 前回の妊娠中の入院で 体操をしていなかったので骨盤底筋力(ぢから)が落ちすぎていて 今回の妊娠子宮を下から支えるには足りなかった
(やっていい体操があるのを知らなかったからしょうがないけど)
 

肩甲骨の間の胸椎が凹んでいて 腰椎が出っ張ってるという脊柱で生理的S字状彎曲ができていない体

 

子宮に内臓が乗っからない様に 内臓を引き上げるには 深い呼吸で横隔膜が動くことが必要です

そのためには 肩甲骨の間の胸椎が出っ張っていて 腰椎がきれいに前彎している生理的S字状彎曲がないと

  
それがない体型だったので 月イチ施術で 横隔膜が動く様にする必要がありました
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

骨盤底筋力(ぢから)については

16週頃にこんなメールを送っています

 

>>頸管長33ミリとまぁまぁだねと言われました

 

>体操の成果でてますね

>(^-^)v

 

>>赤ちゃんの頭が下がってるね~と言われててしまいました

 

>前回 入院で骨盤底筋を弱めまくりましたからね~

>スタートの位置が低いんですよね~

 

>赤ちゃんが急に重くなってくる31週までに 赤ちゃんの重さをささえられる骨盤底筋にしないとなんないですね

 

>ちなみに3740週で3000gとして 31週で1500gが標準です

>最後の2月で 体重が倍になるので

>そうなってから体操を頑張っても ママに筋肉がつくスピードが追いつかないので…

 

>やった分 無駄にはならないのですがね

 

>骨盤底筋が31週に間に合わなかったら お腹をささえるグッズで対応しましょう

 

>>これは日々の体操をコツコツやってこれ以上下げないようにするしかないのでしょうか?

 

>そういうことです

>毎日 筋トレ 筋トレ

 

>入院を避ける

>避けられなくても なるべく遅くする

>元気な入院生活

>早めに退院できるように 入院中に体力を落とさない

 

>これを目標にがんばりましょう

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
がんばり続けた成果が「さんじゅうこみり♡」 
 
あと2ヶ月!

 

2017年8月 1日 (火)

8月~の「骨盤ケア体操教室」「赤ちゃんまるまるケア教室」「個別ケア日」

Photo

8月~の予定

「骨盤ケア体操教室」
(妊娠中の骨盤ケアメニューはもちろん 産後用別メニューもあります)


「赤ちゃんまるまるケア教室」
(妊婦さんの予習もOK 月イチです)


「個別指導・個別ケア(産前・産後・おっぱいケア・赤ちゃんケアなど)」

「プロ用骨盤ケア・赤ちゃんケア勉強会申込方法」
は一番下にあります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

申込みはこちら か「コメント欄」「プロフィール→メール送信」で

メールには必ず「題名:○○教室 氏名」を入れてください
スパム対策に 「無題」のメールは迷惑メールに分類しているので 気づけません


申し込んで3日以内に、返信メールが無かった場合は、私にメールが届いていないか、私からの〔@nifty.com〕の返信メールが受け取られない設定になっています。

再度、メルアドと着信設定を確認の上、申込みをお願いします<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「骨盤ケア体操教室」
西村産婦人科クリニックの1階のマタニティホールを借りて
木曜日午後13:00~14:30開催しています
(たまにお休み入ります。開催日にご注意下さいm(__)m)

初回2000円(健美ベルト1本つき) 再受講1500円です

定時(木曜)の教室でも「産後用の体操メニュー」
是非 参加して下さい<(_ _)>


骨盤ケア体操教室申込みはこちら

「赤ちゃんまるまるケア教室」
月1回 日曜日10:00~12:00
西村産婦人科クリニックのマタニティホール
を借りて開催しています。 

一緒に育児をする方との参加をオススメします(+1人1500円 +2人目1000円)

赤ちゃんまるまるケア教室の申込みはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「骨盤ケア体操教室」「赤ちゃんまるまるケア教室」 開催日・申込み状況

8月
24日(木)
  研修のためお休みです<(_ _)>

31日(木)
  骨盤ケア体操教室 13:00~14;30 定員5人

9月
7日(木) 13:00~14:30 骨盤ケア体操教室 定員5人

14日(木) お休みです <(_ _)>

17日(日) 10:00~12:00 赤ちゃんまるまるケア教室 定員4組
 
      13:00~14:30 骨盤ケア体操教室 1人 残4人
 
21日(木) 13:00~14:30 骨盤ケア体操教室 定員5人
 
28日(木) 13:00~14:30 骨盤ケア体操教室 定員5人 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個別指導・個別ケア
(骨盤ケア・赤ちゃんケア・おっぱいケアなど)

は 西村産婦人科クリニックの一室を借りて か 訪問で行います。
(訪問施術は車での移動時間30分以内でお受けします +別料金になります)

個別指導・個別ケアの申込みはこちら

個別ケアの日
(産前・産後・赤ちゃん・おっぱいケア・骨盤ケア個別レッスン

8月

17日(木)
 
10時~赤ちゃんケア・ママケア予約あり
 
15時半~産後ケア予約あり

23日(水)
 
10時~赤ちゃんケア予約あり
  
23日(水)
 
10時~おっぱいケア・赤ちゃんケア予約あり
 
31日(木)
 
10時~
 
15時半~
 
9月
 
7日(木)
 10時~
 
15時半~
 
21日(木)
 10時~
 
15時半~
 
28日(木)
  10時~
 
15時半~

料金:骨盤ケア:60分6000円(入室~退室まで)
    おっぱいケアも同じです
    自分ケアにしようか赤ちゃんケアにしようか決められなくて両方!の場合は
    120分12000円で承っています

こじれていて時間がかかる場合や 施術の後のついでの質問の時間も10分1000円の延長料金になります <(_ _)>
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

医療従事者(助産師)向け、「骨盤ケア・赤ちゃんケア勉強会」の申込連絡は

題に「骨盤ケア・プロ用」か「赤ちゃんケア・プロ用」と入力し
代表者の名前・連絡先
「勉強会」の開催希望の日時と場所、参加人数(5~10名)をお知らせください

プロ向け勉強会 申込みはこちら

« 2017年7月 | トップページ

無料ブログはココログ

マイリスト