フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 9月~の「骨盤ケア体操教室」「赤ちゃんまるまるケア教室」「個別ケア日」 | トップページ | 骨盤ケアは上半身ほぐしから »

2017年8月17日 (木)

さんじゅうごみり♡

ブルゾンちえみの「さんじゅうごおく」をパクりました
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前回の妊娠で22週から入院生活だったので

「子どももいるし 入院は避けたい」

切迫早産対策で 妊娠5週から1時間かけて毎月1回施術に通ってる方から

「今回の健診で 頸管長が35mmに伸びてました

って報告を受けて の記事です

 

10週頃25mmまで短くなって入院したものの 入院中に

 

>入院中に体力と子宮を落とさないのが一番です

>トイレ歩行可になったらトイレのたびに子宮が下がりますので

>骨盤高位の体操をトイレから帰るたびにそーっとやってください

 

と送ったメールの内容をまじめに取り組んで 無事退院

 

退院後も そのまま続けてくれた成果が 32週で「さんじゅうごみり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最低でもこの「トイレのたびの骨盤高位の体操」をしてもらわなくては 月イチだけの施術で「切迫早産・入院回避」はムリです

 

ってか 実は これさえやってくれてれば 施術 いらないんです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

でも 彼女は月イチの施術は必要でした 
 

なぜなら 前回の妊娠中の入院で 体操をしていなかったので骨盤底筋力(ぢから)が落ちすぎていて 今回の妊娠子宮を下から支えるには足りなかった
(やっていい体操があるのを知らなかったからしょうがないけど)
 

肩甲骨の間の胸椎が凹んでいて 腰椎が出っ張ってるという脊柱で生理的S字状彎曲ができていない体

 

子宮に内臓が乗っからない様に 内臓を引き上げるには 深い呼吸で横隔膜が動くことが必要です

そのためには 肩甲骨の間の胸椎が出っ張っていて 腰椎がきれいに前彎している生理的S字状彎曲がないと

  
それがない体型だったので 月イチ施術で 横隔膜が動く様にする必要がありました
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

骨盤底筋力(ぢから)については

16週頃にこんなメールを送っています

 

>>頸管長33ミリとまぁまぁだねと言われました

 

>体操の成果でてますね

>(^-^)v

 

>>赤ちゃんの頭が下がってるね~と言われててしまいました

 

>前回 入院で骨盤底筋を弱めまくりましたからね~

>スタートの位置が低いんですよね~

 

>赤ちゃんが急に重くなってくる31週までに 赤ちゃんの重さをささえられる骨盤底筋にしないとなんないですね

 

>ちなみに3740週で3000gとして 31週で1500gが標準です

>最後の2月で 体重が倍になるので

>そうなってから体操を頑張っても ママに筋肉がつくスピードが追いつかないので…

 

>やった分 無駄にはならないのですがね

 

>骨盤底筋が31週に間に合わなかったら お腹をささえるグッズで対応しましょう

 

>>これは日々の体操をコツコツやってこれ以上下げないようにするしかないのでしょうか?

 

>そういうことです

>毎日 筋トレ 筋トレ

 

>入院を避ける

>避けられなくても なるべく遅くする

>元気な入院生活

>早めに退院できるように 入院中に体力を落とさない

 

>これを目標にがんばりましょう

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
がんばり続けた成果が「さんじゅうこみり♡」 
 
あと2ヶ月!

 

« 9月~の「骨盤ケア体操教室」「赤ちゃんまるまるケア教室」「個別ケア日」 | トップページ | 骨盤ケアは上半身ほぐしから »

妊娠」カテゴリの記事

骨盤ケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593564/65673154

この記事へのトラックバック一覧です: さんじゅうごみり♡:

« 9月~の「骨盤ケア体操教室」「赤ちゃんまるまるケア教室」「個別ケア日」 | トップページ | 骨盤ケアは上半身ほぐしから »

無料ブログはココログ

マイリスト