フォト
2024年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 妊活のための骨盤ケア | トップページ | 10月7日(日) 回旋異常対策 知りたくないですか? »

2018年8月27日 (月)

アームカバーが育児グッズ

抱っこがうまくできず 我が子を泣き止ませる事ができなくて

シクシク(´;ω;)しているママ達と関わっています 

 

「抱っこ」がうまくできないと「授乳」がうまくいきません

なので 授乳がうまくいかなくて また シクシク(´;ω;)です

 

お産直後なので ささいな事で すぐシクシクしたくなるお豆腐メンタルの時期です

 

ですが
 

自分が抱っこしても赤ちゃんが泣き止まない

授乳がうまくいかない

は ささいな事ではないので 育児のスタートから挫折感

_||

 

そして おっぱいと赤ちゃんの口をくっつけるのに終始する授乳指導で

泣き叫ぶ(あるいは寝てて口をあけない)赤ちゃんとバトルの様な授乳

 

交差抱き授乳

赤ちゃんの首を授乳する反対の手でささえる

(ここで 首をわしづかみにする)

授乳する側の手で おっぱいをささえる

(肩が上がり 脇が広がる)

顔を上にグイッと向けて
(頸椎 壊れる~)
赤ちゃんの口があいた瞬間 お乳をふくませる

(押しつける)

赤ちゃんがお乳をふくんだら 赤ちゃんが満足するまで吸わせる

(交差抱きのまま! その抱っこの姿勢 30分キープできるのか? 指導してる人は)

 

首を痛がってのけ反る赤ちゃん

お乳をふくませ続けたいママとスタッフ

 

ママの力が続かず 押しつけ方が浅くなる

乳首 切れる

もっと深く吸わせましょう と言われる・・・

 

不毛だ

 

・・・・・・・・・・

 

授乳の前に「抱っこ」指導!

って思ってる

 

「泣き止む抱っこ」は「まるまる抱っこ」

 

「たて抱き」して「たて揺すり」で 静かになるのは「怖いから」「ショックで」泣けなくなる

だから「寝た」と思ってお布団に下ろすと
ホッとして泣ける「怖かったよ~(>o<)」って
だからお布団に下ろすと泣く

また 抱き上げて「たて抱き」して「たて揺すり」
エンドレス


・・・・・・・・・・

 

「まるまる抱っこ」するには まず「肘のねじれ対策」そして「肩甲骨の動きを良くする」

 

「肘のねじれ対策」のために

脱ぎ脱ぎ体操してもらったり 腕のネジネジ教えたり いろいろ体の下ごしらえ」をしてもらう必要がある

 

やれば効果抜群!

「よくわかんないけど 腕がいつもより伸びて赤ちゃんのお尻まで届く」

「重くない」

「10分抱っこしても15分抱っこしても 下ろしたくならない

 

でもやってくれない

(ノД`)

 

1回やっても続けてくれない

時間はあると思うんだ スマホいじってるもん

「毎回やらないとね これは魔法だから30分で元に戻るんだよ」

って言葉が届いてないのか

1回やれたからいいと思ってるのか・・・

疲れてて それどことじゃないのか

覚えてないのか?

まあ1回教えただけじゃ 覚えれないよね・・・

いや 動画撮ってもらってる人もいる

 

一度「まるまる抱っこ」のまま授乳して バトルじゃない授乳になったのに

また交差抱き」の「バトル授乳」に逆戻りしてるじゃん

なんで~

(´;ω;)

 

・・・・・・・・・・

 

ある所で「アームカバー」をいただきました

「移動中のエアコンで冷えるでしょうから」

 

ありがたく使わせていただいていたところ

「ん?」

とひらめくものがありました

 

手首のあたりを ちょっとねじってみたら 肘がねじれました

反対にねじってみたら 元に戻りました

 

「ほーほー

 これは 使える ( ̄― ̄)

 

・・・・・・・・・・

私の肘は 長年のケアのおかげでねじれが取れています

「上手な抱っこ」のお手本を見せるのは得意です

「残念な抱っこ」を見せる時は わざと肘のねじれを作っておいて やってみせていました

 

セミナーや教室で見せるために 何度も繰り返しているうちに 肘が痛くなってきました

肘のねじれが復活しつつあります

 

自分の体を壊してまで見せる必要あるかな~

受講生全員「肘がねじれてて残念な抱っこ」してるのに・・・

誰かをモデルにして 見てもらうのも考えました

 

が 色々角が立つので あいかわらず 自分の肘を壊して見せていました

 

・・・・・・・・・・

 

初めは アームカバーを 自分が肘を壊さないでも「残念な抱っこ」のデモンストレーションができる様に活用してましたが

「これ 逆にひねったら 肘のねじれ直しに使えるんじゃない?」

って気づき

 

まるまる教室(と授乳指導のためのケアセミナーでも)「アームカバー」デビュー

 

初めての「まるまる抱っこ」の手順だけで 一苦労のママ達

でも「アームカバー」と「脱ぎ脱ぎ体操」のセットのおかげでいつもよりサクサク進行

 

「アームカバー」で肘のねじれを取っただけでは 今までの体の使い方のクセは残っていて

脇がしまらない

抱き上げる時 肩を上げる

をしちゃう

 

でも無意識にやっちゃってるこの動作が 必要ないことを説明して練習の時に気をつけるだけで 徐々になくなっていく

 

「まるまる抱っこ」が当たり前にできる様になるのに 時間がかからない

(⌒▽⌒)

 

・・・・・・・・・・

 

アームカバーは 百均のでも ブランド物でもOK

お産後の育児のアイテムとして 入院の時に持ってって

 

手首のところを内側にねじるだけ

 

これからアームカバーは「赤ちゃんが泣き止む抱っこ」のための必須アイテムです

 

冬はレッグウオーマーで代用してね

(^_-)-

« 妊活のための骨盤ケア | トップページ | 10月7日(日) 回旋異常対策 知りたくないですか? »

育児」カテゴリの記事

赤ちゃんケア」カテゴリの記事

産後」カテゴリの記事

まるまる育児教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アームカバーが育児グッズ:

« 妊活のための骨盤ケア | トップページ | 10月7日(日) 回旋異常対策 知りたくないですか? »

無料ブログはココログ

マイリスト